KTM「690DUKE/R」にリコール 燃料が漏れ、火災に至るおそれ


※参考画像

■リコール対策届出日
平成30年5月11日

■リコール対策届出番号
外-2658

■リコール対策開始日
平成30年5月12日

■届出者の氏名又は名称
KTM JAPAN株式会社 代表取締役 ハロルド・ブラッドリー・ヘイギー
製作国:オーストリア
製作者名:KTM AG

■問い合わせ先
03-3527-8885

■不具合の部位(部品名)
燃料装置(燃料タンク)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
燃料タンクにおいて、給油口キャップブラケット用ガスケット及び燃料残量センサー取付部ガスケットの形状が不適切なため、取付部に隙間が生じるものがある。

そのため、燃料が燃料タンク上限まで給油されている状態で走行すると、その隙間から燃料が漏れ、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、給油口キャップ部の給油口キャップブラケットとガスケット及び燃料残量センサー取付部のガスケットを対策品に交換する。

■不具合件数
2件

■事故の有無
0件

■発見の動機
KTMオーストリア本社からの連絡、および市場からの情報による

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者: ダイレクトメールにて通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車台番号近傍に外-2658のステッカーを貼付する。

■車名
KTM

■改善対策対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「690DUKE」
  型式:690DUKELDV47
  車台番号:VBKLDV406GM779625 から VBKLDV401HM712089
  製作期間:平成27年9月22日 から 平成29年5月30日
  対象台数:139台

・通称名:「690DUKE R」
  型式:690DUKELDW47
  車台番号:VBKLDW408GM780989 から VBKLDW407HM799535
  製作期間:平成27年11月18日 から 平成29年4月21日
  対象台数:144台

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成27年9月22日 から 平成29年5月30日
・計2型式2車種
・計283台

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年4月16日に掲載したCB1000Rのインプレの後半としてMT-10との比較試乗をお…
  2. ヤマハ発動機は、2017年に全日本モトクロス選手権IA2クラスでチャンピオンを獲得したヤマハ…
  3. 2018年4月18日、新型CB1000Rの試乗会が開催され本誌からはメインテスターの丸山浩さ…
  4. 2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内…
ページ上部へ戻る