ヤマハ、ロッシ主宰の「VR46 Riders Academy」とトレーニングプログラム「The Master Camp」を実施

3年目に突入。よりグローバルにライダーを発掘・育成

ヤマハ発動機は、バレンティーノ・ロッシ選手が主宰する「VR46 Riders Academy」とともに2016年から実施してきた若手ライダーの発掘・育成を担う「Yamaha | VR46 Riders Academy」にて、トレーニングプログラム「The Master Camp」を2018年7月と9月に実施する。

5回目となる7月の「The Master Camp」では、初となるアメリカからMotoAmerica参戦中の2名が参加するほか、ブラジルからR3 Cupに参戦中の2名、タイからはアジアロードレース選手権のスーパースポーツ600に参戦中のケミン・クボ選手が参加する。

ライダーたちはこれまでと同様、イタリアに滞在し「モーター・ランチ」や「ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ」などで、「VR46 Riders Academy」のスタッフやMoto2、Moto3に参戦するライダーの指導を受けながらトレーニングに臨む。

以下プレスリリースより


当社は世界へ羽ばたくライダーの発掘・育成を目的に、2015年よりステップアップのための環境整備を進めてきました。「Yamaha | VR46 Riders Academy」は、その一環として2016年から導入。これまで、日本、インドネシア、タイ、マレーシア、オランダ、フランス、フィンランド、ウクライナ、イタリア、カナダ、ブラジル、オーストラリア、計12ヵ国から、YZF-R25やR3のレースなどで活躍する10代の若者を中心に、のべ23人が参加しています。

この中で、アピワット・ウォンタナノン選手(タイ)が、2017年より「Yamaha VR46 Master Camp Team」から、CEVジュニア世界選手権Moto3にフル参戦し、2018年も継続参戦中。アジアロードレース選手権のアジア・プロダクション250で活躍し、昨年スーパースポーツ300世界選手権(WSSP300)の最終戦にワイルドカード参戦して優勝したガラン・ヘンドラ・プラタマ選手(インドネシア)が、今年からWSSP300にフル参戦しています。

また昨年、WSSP300でランキング2位となったアルフォンソ・コッポラ選手(イタリア)が、今年からスーパースポーツ世界選手権へステップアップするなど、その成果が確実に現れています。

第5回「The Master Camp」参加ライダー

コーリー・ベンチューラ(Cory Ventura)

プロフィール
国籍:アメリカ
年齢:16歳(2002年生まれ)

主な成績
2017年:MotoAmerica RC390 Cup ランキング2位

ジャクソン・ブラックモン(Jackson Blackmon)

プロフィール
国籍:アメリカ
年齢:16歳(2001年生まれ)

主な成績
2017年:MotoAmerica RC390 Cup ランキング4位

エリトン・カワカミ(Eliton Kawakami)

プロフィール
国籍:ブラジル
年齢:17歳(2000年生まれ)

主な成績
2017年:R3 Cup チャンピオン
2016年:SuperBike Brazil チャンピオン

ブルーノ・セーゼ(Bruno Cesar)

プロフィール
国籍:ブラジル
年齢:18歳(1999年生まれ)

主な成績
2017年:R3 Cup Pro 2位/300 Sports 2位

ケミン・クボ(Keminth Kubo)

プロフィール
国籍:タイ
年齢:18歳(1999年生まれ)

主な成績
2017年:アジアロードレース選手権SS600 ランキング 17位

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る