日本GP限定グッズも発売!「2018 MotoGP第16戦 日本グランプリ」開催概要発表

レース、宿泊、イベントを楽しむ充実の3日間

「2018 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ」が、10月19日(金)~21日(日)に開催される。会場となるツインリンクもてぎは、チケット情報などとあわせて開催概要を発表した。

4月に誕生したばかりの新観戦席では、昨年王者のマルク・マルケス選手の応援席と、日本人選手として4年ぶりの最高峰クラスフル参戦となる中上貴晶選手の応援席が新登場。また、前夜祭には昨年に続き多くのライダーが出演予定で、マルケス、ペドロサ両選手は出演が決定している。

さらに、史上最大級の品揃えとなるMotoGPTMスーパーショップが期間限定オープン。10,000点以上の商品を取り揃え、日本グランプリ限定のオリジナルグッズ販売も予定されており、レース観戦はもちろん、充実の宿泊エリアやイベントを楽しむ3日間が提供される。

V席(一部チケット)は6月2日(土)より先行発売、その他通常前売券は6月9日(土)より発売となる。

以下プレスリリースより


2018 MotoGPTM日本グランプリ テーマ

語り尽くせぬ走りがある

今年のテーマは「語り」。1998年の初開催以来、歴史的なレース、伝説のライダー、記録的なマシンなど、積み重ねられた歴史はまさに語りつくせぬほどあります。

MotoGPTM MOTUL 日本グランプリの3日間は、ツインリンクもてぎで朝から晩まで語り尽くしていただきたい。そんな思いで様々な取組みを行ないます。

日本グランプリ 語り尽くせぬ4つのポイント

■ポイント1 世界が注目する歴史的なレース、再び・・・

昨年、想像を超えたバトルとなった日本グランプリの最終ラップ。今シーズンもライバル同士の戦いは早くもヒートアップし、MotoGPTMならではの人間ドラマが世界中の注目を集めている。

王者ホンダのマルケス、レジェンド ロッシを擁するヤマハ、復帰後2勝目を狙うスズキ、母国凱旋の中上、アウェイで連覇を狙うドゥカティ。日本メーカーの母国となるツインリンクもてぎでは、ライダー、チームの意地とプライドが激突する。

■ポイント2 新観戦席にマルケス応援席とグループシート

最大収容人数1,000人以上となる大規模グループ専用エリア「ビクトリーコーナーテラス」が4月に誕生。それぞれ仲間や家族と食事をしながら、わいわいと観戦できる。

応援席も新たにマルケス応援席、中上応援席が登場。同じ思いを持つ多くのファンが心を一つにしてレース観戦に臨める。

■ポイント3 充実のステイ(場内滞在)とパワーアップするイベント

「宿泊エリア」、「各種イベント」がそれぞれパワーアップ。前夜祭には昨年に続き多くのライダーが出演予定。その中でもマルケス、ペドロサは出演が決定。

2年目となるイベント型の宿泊エリア「オーバーナイトスクエア」ではRGツーリングクラブとのコラボレーションでグルメ、ステージが充実。たくさんのサプライズゲスト出演も予定されている。雨天でも安心のアスファルトエリアに会場を移動して開催される。

■ポイント4 MotoGPTMスーパーショップが期間限定オープン

今年のMotoGPTMではレース観戦だけでなく、ショッピングも楽しめる。史上最大級、10,000点以上のMotoGPTMグッズを取り揃えるスーパーショップを期間限定でオープン。日本グランプリ限定発売のロッシ、マルケスら各ライダーのオリジナルグッズなどを他にない品揃えを予定している。

ポイント1. 世界が注目する歴史的なレース

■注目のライダー

MotoGPTMクラスにはRepsol Honda Teamに現役チャンピオンで最高峰クラスで4度のチャンピオンを獲得しているマルク・マルケスとダニ・ペドロサが所属。LCR Honda IDEMITSUからMotoGPTMクラス唯一の日本人、中上貴晶が今年デビューしており注目を集める。

Movistar Yamaha MotoGPには最高峰クラス7度のチャンピオンを獲得している生きる伝説、バレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスが所属。Monster Yamaha Tech3にはヨハン・ザルコと初のマレーシア人MotoGPTMライダーのハフィス・シャーリンが所属する。

Team SUZUKI ECSTARは移籍2年目の実力派、アンドレア・イアンノーネとアレックス・リンスが所属する。Ducati Teamは昨年急成長した今年のチャンピオン候補、アンドレア・ドヴィツィオーゾとYAMAHA時代に最高峰クラスで3度のチャンピオンを獲得したホルヘ・ロレンソを擁する。

Moto2TMクラスには、IDEMITSU Honda Team Asia から長島哲太がフル参戦。また、Moto3TMクラスには、真崎一輝、鈴木竜生、鳥羽海渡、佐々木歩夢がフル参戦中だ。

ポイント2. 新観戦席にマルケス応援席とグループシート

▲ビクトリースタンド

今年のMotoGPTM日本グランプリのテーマ「語り尽くせぬ走りがある」の通り、仲間、家族が集い、心行くまで語り合える新しい4つの観戦席が登場。1周4.8kmのコースのあらゆる観戦エリアで語り合いが生まれることでしょう。

今年はV席に初のマルケス応援席が設けられ盛り上がりは必至です。さらにV席を下りたところにはグルメやイベントが充実したホスピタリティガーデンが広がり、快適かつ優雅なエリアで日本グランプリを満喫することができます。

▲ホスピタリティガーデン

1. ビクトリーコーナーテラス

最大1,000人を収容!ツインリンクもてぎ初のグループ専用エリアが誕生。4段のテラスに約200区画を配置。食事はもちろん、テントで宿泊することもできる。

2. マルク・マルケス応援席

4度のMotoGPTMクラスチャンピオン、マルク・マルケスの応援席がV席に初登場。

3. 中上貴晶選手応援席

日本人唯一のMotoGPTMライダー中上貴晶の応援席がV席に新登場。

4. ロッシオフィシャルファンクラブグッズ付きシート

MotoGPTMクラス7度のチャンピオン、レジェンド バレンティーノ・ロッシのオフィシャルファンクラブのグッズが付いたシートがV席に新登場。

ポイント3. 充実のステイ(場内宿泊)とパワーアップするイベント

前夜祭にマルケス、ペドロサ出演決定!

日本グランプリで独自の進化を遂げ、盛り上がっているのが前夜祭。昨年は、ほぼすべてのMotoGPTMライダーが出演するまで発展しました。

ライダー登場の他にもフリースタイルモトクロスやRGツーリングクラブのトークショーなど様々な楽しみが盛りだくさんです。

※ライダーは都合により出演できない場合があります。

場内宿泊概要

【オーバーナイトスクエア】

全国から集まった MotoGPTMファン同士、朝までレースについて語り合おう!
普段は広大な駐車場 N5 が MotoGPTM期間中の夜は、オーバーナイトスクエアに名称を変え、本場ヨーロッパのような雰囲気の中、グルメ、イベント、ゲストとの触れ合いなど、たくさんのファンが思い思いのスタイルで楽しめる場となります。そのまま車中泊、テント泊で場内宿泊できます。

※施設内容などの詳細はホームページにてご確認ください。

【プレミアムライダーキャンプ】

至れり尽くせりのキャンププランを今年も実施!
グランドスタンドまで約300mの観戦席に最も近いキャンプエリアです。テントなどは揃っているので手ぶらでOK。

また、ナイトパドックツアーやロードコースをバイクで走行するナイトクルーズ、ライダーキャンプ限定サイングッズ抽選会など、MotoGPTMファンには堪らないスペシャルな特典付きで3日間の観戦をたっぷりお楽しみいただけます。

●期間:2018年10月19日(金)~ 22日(月) 3泊4日
●料金:60,000円(1サイト/4名様)
●場所:ハローウッズ
●食事:朝食付き、夕食は要事前予約(料金別途)

※プラン詳細はホームページにてご確認ください

【森と星空のキャンプヴィレッジ】

グランピングに3泊して快適にMotoGPTM日本グランプリを観戦!
MotoGPTM 3DAYSキャンプ(金曜から日曜までの3泊セットプラン)

人気のグランピングをはじめ、エアコン完備のログキャビン、アウトドアを満喫できる木もれ陽サイト、ライダーにも人気の林間サイトなど多彩なプランから選ぶことができます。

※各サイトの料金など詳細はホームページにてご確認ください。

ポイント4. MotoGPTMスーパーショップが期間限定オープン

人気のロッシグッズに注目

MotoGPTM界の象徴ともいえるバレンティーノ・ロッシが自ら展開するファッションブランド「VR シリーズ」の最新モデルを入荷するほか、ロッシ監修の限定モデルなどこれまでにない充実のラインナップとなります。

1. ロッシ監修の日本グランプリ限定モデルを発売
2. ロッシから日本のファンに向けたメッセージTシャツ登場!

レプソルホンダの2人のグッズも充実のラインナップ

いまやロッシと人気を二分する若き王者マルケスと日本でもファンの多いペドロサのグッズがこれまでにない品揃えとなります。

1. マルケスグッズは最新のアスリートテイストのグッズが登場
2. ペドロサグッズは世界中で高い人気を誇り入荷困難の「侍」モデルを販売

※グッズに関する詳細は決定次第、ホームページにてご案内いたします。

チケット、その他詳細情報

http://www.twinring.jp/motogp/

情報提供元 [ ツインリンクもてぎ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  4. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
ページ上部へ戻る