ライダーの注意散漫を抑制するボッシュの技術がAutomotive News PACEアワードを受賞

二輪車とパワースポーツ車両の安全性と利便性の向上に貢献

ボッシュが二輪車とパワースポーツ車両向けに専用設計した「オール イン ワン」型ライダー情報コミュニケーションセンター「インテグレーテッド コネクティビティ クラスター」が、2018年のAutomotive News PACEアワードを受賞した。Automotive News PACEアワードは、自動車機器サプライヤーの卓越したイノベーション、技術進歩や業績を表彰するもの。

「インテグレーテッド コネクティビティ クラスター」は、従来型のメーターパネルと幅広いインフォテイメント機能を単一のデバイスに統合したディスプレイユニット。ライダーは、Bluetoothで自身のスマートフォンを接続し、ハンドルバーで直感的に操作することができる。

具体的には、着信した電話への応答、電話帳へアクセスし電話をかけること、スマートフォン内の音楽を聴くことが簡単に行える。

また、画期的なスマートフォン統合ソリューションのmySPINとも連携できるようになっており、走行中もこのディスプレイユニットを介してナビゲーションなどのスマートフォンアプリを使用することが可能になる。

ハンドルバーを握ったまま操作できるため、ライダーが注意散漫防止にもなる技術だ。

以下プレスリリースより


ディスプレイにはオプティカルボンディング技術と反射防止コーティングが採用されており、耐水性を備えています。そのため、どんな天候条件下でも見やすく、暗闇の中や直射日光が当たる場合でも鮮明な色でくっきりと表示されます。

このように、インテグレーテッド コネクティビティ クラスターには画面の見やすさを著しく向上させる革新的な技術と直感的に操作できるインターフェースが採用されているため、ライディングの安全性と利便性が向上するだけでなく、ライダーはライディングの楽しさを満喫できます。

ボッシュの北米法人社長であるマイク・マンスエッティ(Mike Mansuetti)はこう述べています。「ライダーの安全と快適性を確保するために、ボッシュはこれまで培ってきた車両システムに関する専門知識と高度なノウハウを活用しています。今回の受賞は、未来のモビリティを形作る最前線で、革新的なネットワーク化ソリューションを提供しようとする私たちの取組みが認められたことの表れだと受け止めています」

ボッシュの冗長性のあるブレーキシステムは、コンポーネントに障害が起こった際でも安全な停止を可能にする自動運転車両向けのブレーキソリューションで、こちらも2018年のAutomotive News PACEアワードの最終選考に残りました。

1995年から始まったAutomotive News PACEアワードは、自動車機器サプライヤーの卓越したイノベーション、技術進歩や業績を表彰しており、業界の技術革新を示すベンチマークとして世界的に広く知られています。

→全文を読む

情報提供元 [ BOSCH ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る