ナビタイム、「ツーリングサポーター」で原付一種のルート検索が可能に

ナビタイムジャパンは、Android OS向けバイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』において、「排気量を考慮したルート検索」のバイク区分に、第一種原動機付自転車を4月25日より追加した。

原付一種のルートに対応

「排気量を考慮したルート検索」は、高速道路、自動車専用道路、バイパス道路など、排気量の区分によっては走行できない道路を回避したルート案内する。

これまで、第二種原動機付自転車(50cc 超~125cc)以上の排気量を考慮したルートの検索に対応していたが、この度、第一種原動機付自転車(50cc未満)の追加により、すべてのバイクの区分に対応した。
すべてのバイクの排気量に合わせたルート検索は、『ツーリングサポーター』がスマートフォンアプリとして、日本で初めて対応した※1

なお本機能は、iOS向け『ツーリングサポーター』にも、順次対応予定となっている。

※1 2018年4月25日時点。ナビタイムジャパン調べ。

【サービスイメージ】

●『ツーリングサポーター』アプリダウンロード
Android OS: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.navitime.local.bike

情報提供元 [ ナビタイムジャパン ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
ページ上部へ戻る