国内で試乗会が開催 2018新型790DUKEはMT-09といい勝負

2018年4月12日、筑波サーキットのコース1000でKTMのDUKE=デュークシリーズの試乗会が開催された。今やKTMの主力シリーズになるまで勢力を拡大したこのシリーズに、2018年モデルで待望のアッパーミドル「790デューク」が新登場。丸山浩さんのインプレを速報でお届けしよう。

ネイキッド戦線に名乗り

1994年から歴史が始まったKTMのデュークシリーズ。2005年にはVツインエンジンの990スーパーデューク、2011年は125デューク、2014年は1290スーパーデュークRが発売するなど、24年間で小排気量から大排気量までフルレンジのラインナップを完成させている。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る