国内で試乗会が開催 2018新型790DUKEはMT-09といい勝負

2018年4月12日、筑波サーキットのコース1000でKTMのDUKE=デュークシリーズの試乗会が開催された。今やKTMの主力シリーズになるまで勢力を拡大したこのシリーズに、2018年モデルで待望のアッパーミドル「790デューク」が新登場。丸山浩さんのインプレを速報でお届けしよう。

ネイキッド戦線に名乗り

1994年から歴史が始まったKTMのデュークシリーズ。2005年にはVツインエンジンの990スーパーデューク、2011年は125デューク、2014年は1290スーパーデュークRが発売するなど、24年間で小排気量から大排気量までフルレンジのラインナップを完成させている。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 東京モーターサイクルショーのプロトブースに展示されたBENELLI=ベネリのバイク。以降国内…
  2. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  3. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  4. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
ページ上部へ戻る