モーターサイクルショー特集(21)デイトナのZ900RS改は新パーツ多数装着

2018年3月の東京モーターサイクルショーに出展されたデイトナのZ900RSカスタムは、カワサキ車の中でも上級モデルにしか許されていないグリーンメタリックのカラーリングを施したカフェ仕様。数多くのニューパーツが装着されていたので紹介しよう。

和洋折衷カフェレーサー

デイトナが東京モーターサイクルショーに出展したZ900RSカスタムは、大人な欧州テイストのカフェレーサースタイルでありながら、旧車改の印象もある和洋折衷的な仕上がりだ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  2. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
  4. BITO R&Dは、Z1000R(ローソンレプリカ)純正フルレストア車両を販売開始した。エン…
ページ上部へ戻る