人生論的WGP500王者インタビュー(5)ケニー・ロバーツ ラスボス・ケニー校長のバイク馬鹿一代

頂点を極め、ロードレース史にその名を刻みつけた男たち。荒れ狂う2スト500ccのモンスターマシンをねじ伏せ、意のままに操った彼らのスピリッツは、現役を退いて時を経た今もなお、当時の熱を帯びている。

伝説の男たちが生の声で語る、あのライディングのすべて──。ヤングマシン’12年11月号掲載の「THE CHAMPION TECHNIQUE」復刻インタビューの最後を飾るのは、“キング”ことケニー・ロバーツ御大です。

この男が「キング」と称されるのは、世界GPで3連覇を達成したからではない。 ロードレースに革新的なライディングスタイルを持ち込んだからでもない。 ケニー・ロバーツの小柄な体には、みっちりと詰まっているものがある。 それは、確として揺るぎない信念と、バイクへの深い愛だ。

15分バイクに乗るだけで 世界はすべてOKになる

── 今もバイクに乗るのが楽しくて仕方がないそうですね。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲YZR-M1 2012年以来、7年連続7回目の日本GP出場 2018年10月21日(日)、…
  2. ▲ヤマハ TZR250R(※イメージ画像) 2スト車を中心に計5台の絶版車をラインナップ 東…
  3. エビスサーキットとナップスは、ライダーを対象とした福島復興支援イベント「福島モトフェス」を9…
  4. スズキは、2ストローク84cm3モトクロッサー「RM85L」のカラーリングを変更し、9月21…
ページ上部へ戻る