人生論的WGP500王者インタビュー(2)エディ・ローソン 皇帝・エディ先生が熱血時代を語る

頂点を極め、ロードレース史にその名を刻みつけた男たち。荒れ狂う2スト500ccのモンスターマシンをねじ伏せ、意のままに操った彼らのスピリッツは、現役を退いて時を経た今もなお、当時の熱を帯びている。伝説の男たちが生の声で語る、あのライディングのすべて──。ヤングマシン’12年11月号掲載の「THE CHAMPION TECHNIQUE」より、ステディ・エディと呼ばれたエディ・ローソンのインタビューをお届けします。

シニカルな笑顔を浮かべながら、決して多くはない言葉を放り投げてくる。 偽りのない率直な言葉は柔らかい放物線を描き、心の奥まで染み渡る。 かつて4度世界王者になったエディ・ローソンの物静かな語り口調は、 時おり走るシャープな眼光と相まって、独特な凄味を発散した。

寝ても覚めてもレース。レースにすべてを捧げた

── あなたは「ステディ・エディ」と呼ばれ、手堅い走りが特徴的でした。ご自身でもそういう走りを意識していたのでしょうか?

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  2. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  3. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
  4. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
ページ上部へ戻る