ホンダ「CB1000R」メディア試乗会2018速報 すっと馴染む上質な軽さ!すべてが新しい感覚だ

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

ホンダの新世代CBシリーズのフラッグシップモデル、「CB1000R」のプレス向け試乗会が箱根方面で開催されましたので、速報でお伝えしたいと思います。

すっと感性にしみ込んでくる

CB1000Rのコンセプトは「大人のためのエモーショナルスポーツ」ということで、スポーツバイクとしての根源的な楽しさを追求する中で、性能だけでない上質な手応えを求めたモデルとのこと。

デザインも相当凝っていて、ほとんどが機能パーツの塊のような斬新さでありながら、どこかネオレトロな雰囲気も持った今までにない感じ。でも、それが乗るほどにマシンの性能やフィーリングとマッチしてくるのが不思議です。

跨った瞬間、スッと自分の感性にしみ込んでくるような馴染みやすさがあり、すぐにでも走り出したくなる感じがあります。それはスリム化を優先したモノバックボーンフレーム故の足着きの良さやタンクのぴたっとくるホールド感、ストリートで気持ちよく走ることを前提としたソフトセッティングな前後サスペンションによるところも大きいでしょう。

エンジンは旧CBR1000RRをベースに低中速寄りに最適化したもので、シュンシュンと回る軽快な吹け上がりはまさにスーパースポーツの血統。右手にリニアで、直4エンジンならではのスムーズで柔らかな回転フィールが気持ちいい。

とにかく軽いフットワーク

そして、何といっても素晴らしいのはフットワークの軽さ。車重はスペック的には212kgとビックリするほどではないのですが、マス集中を進めた台形フォルム、つまり車体の上のほうを軽くした構造が効いているのでしょう。

主にタイトなワインディングで試乗したのですが、目線を向けただけで右に左にヒラヒラと切り返していきます。故にライン取りの自由度が抜群で乗っていて楽しい。それは5種類のライディングモードやトラコン、ABS、アップ&ダウンシフター、アシストスリッパ―クラッチなどを含めた先進の電子制御によるライダーサポートによって、さらにメリットが引き出されています。

上質感のある落ち着いたエクステリアやメーターまわりなども含め、まさに大人のロードスターといった存在感。すべてが新しさに満ちた体験でした。

詳しい解説と試乗レポートは近日中にアップしますのでお楽しみに!

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る