【新車】ホンダ、クロスオーバーモデル「400X」のカラーリングを変更して発売 ABSを標準装備

これまでタイプ設定としていたABSを標準装備

Hondaは、冒険心を掻き立てる力強いデザインと、都会的で洗練されたプロポーションでアップライトなライディングポジションの扱いやすい車体パッケージが好評の「400X」のカラーリングを変更するとともに、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備して新販売網のHonda Dreamより4月20日(金)に発売する。

今回、車体色には艶やかで上質感のあるキャンディークロモスフィアレッドと、精悍なイメージを演出するマットバリスティックブラックメタリックの2色を設定。また、これまでタイプ設定としていたABSを標準装備している。

400Xは、「FEEL THE ADVENTURE FORM」をスタイリングコンセプトに冒険心を高揚させるダイナミックなデザインと、省エネルギーで長寿命なLEDヘッドライトや優れた防風効果を実現するロングスクリーンを採用。低・中回転域から高回転域までスムーズで扱いやすい出力特性で、燃費性能に優れた水冷・DOHC・直列2気筒エンジンを搭載したクロスオーバーモデルだ。

400X

キャンディークロモスフィアレッド

マットバリスティックブラックメタリック

販売計画台数(国内・年間)

500台

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

792,720円(消費税抜き本体価格 734,000円)

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれていない。

主要諸元

通称名 400X
車名・型式 ホンダ・2BL-NC47
全長×全幅×全高 (mm) 2,085×830×1,335
軸距 (mm) 1,410
最低地上高 (mm)★ 150
シート高 (mm)★ 795
車両重量 (kg) 194
乗車定員 (人) 2
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※2
39.7(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※3
28.2(クラス3-2)<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 2.7
エンジン型式・種類 NC47E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量 (cm3) 399
内径×行程 (mm) 67.0×56.6
圧縮比 ★ 11.0
最高出力 (kW[PS]/rpm) 34[46]/9,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 37[3.8]/7,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 17
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.285
2 速 2.105
3 速 1.600
4 速 1.300
5 速 1.150
6 速 1.043
減速比(1次★/2次) 2.029/3.000
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 25°55´/105
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
160/60ZR17M/C(69W)
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド

■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/本田技研工業株式会社

※1 燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。ユーザーの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。
※2 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率。
※3 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。

問い合わせ先

お客様相談センター
0120-086819(オーハローバイク)

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 初の試み「ファン向け公開記者会見」を実施! Hondaウエルカムプラザ青山は、7月22日(…
  2. 高速道路上での燃料切れ防止を目的とした社会実験 NEXCO中日本は、2018年7月14日(…
  3. キムコは、AK550の試乗車を最寄りの正規販売店へ届ける「AK550 テストライドキャンペー…
  4. Honda Suzuka Racing Teamが最終日に2分7秒台を記録 真夏の祭典「鈴…
ページ上部へ戻る