スズキ「GSX-S125」「GSX-R125」に改善対策 フレームが折損して走行安定性を損なうおそれ


※参考画像

■改善対策届出日
平成30年4月18日

■改善対策届出番号
540

■改善対策開始日
平成30年4月19日

■届出者の氏名又は名称
スズキ株式会社
代表取締役社長 鈴木 俊宏

■問い合わせ先
お客様相談室
TEL 0120-402-253

■不具合の部位(部品名)
車枠(フレーム)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
フレームの塗装指示及びエンジン前側懸架ボルトの締付トルク設定が不適切なため、エンジンから発生する熱や振動等により塗膜が摩滅し、エンジン前側懸架ボルトの軸力が低下することがある。
そのため、そのまま使用を続けると当該ボルトが折損し、最悪の場合、フレームが折損して走行安定性を損なうおそれがある

■改善対策の内容
全車両、以下の改善対策を実施する。

(1)エンジン前側懸架ボルトの締付トルクを点検し、指定したトルク未満の車両については、フレームに亀裂が発生しているおそれがあるためフレームを交換する。指定したトルク以上の車両については、フレームのエンジン前側懸架部(左・右)の締付座面(内・外)の塗膜を除去する。上記いずれの場合においても、以下の(2)(3)を実施する。

(2)フレームのエンジン前側懸架部とエンジンの間(左・右)に、ワッシャを追加し、新品のエンジン前側懸架ボルトを、新たに設定したトルクにて締付けを行う。

(3)フレームのエンジン前側懸架部(左・右)における外観未塗装部に補修塗装を施す。

■不具合件数
0件

■事故の有無
無し

■発見の動機
海外市場からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールまたは電話等で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載する。

■車名
スズキ

■改善対策対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数

・通称名:「GSX-S125」
  型式:2BJ-DL32B
  車台番号:DL32B-100020 から DL32B-100510
  製作期間:平成29年8月28日 から 平成30年2月28日
  対象台数:435台

・通称名:「GSX-R125」
  型式:2BJ-DL33B
  車台番号:DL33B-100008 から DL33B-100436
  製作期間:平成29年11月1日 から 平成30年3月2日
  対象台数:382台

 ■合計
・製作期間の全体の範囲:平成29年8月28日 から 平成30年3月2日
・計2型式2車種
・計817台

【注意事項】
・改善対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、「YOSHIMURA MEETING 2…
  2. ▲YZR-M1 2012年以来、7年連続7回目の日本GP出場 2018年10月21日(日)、…
  3. ▲ヤマハ TZR250R(※イメージ画像) 2スト車を中心に計5台の絶版車をラインナップ 東…
  4. エビスサーキットとナップスは、ライダーを対象とした福島復興支援イベント「福島モトフェス」を9…
ページ上部へ戻る