今週の愛車ピックアップ 単車を楽しむために[Continental GT]

ROYAL ENFIELD Continental GT 2014 年式 (535 cc)
オーナー:カーボン番長さん

今回は、最近ご登録いただいたMYバイクの中から、”カーボン番長さん”の「Continental GT(コンチネンタルGT)」をご紹介します。
ROYAL ENFIELD(ロイヤルエンフィールド)は、イギリス発祥の歴史の古~いオートバイブランドで、現在はインドの会社になっています(生産もインド)。

コンチネンタルGTは比較的新しい車種で、2014年から販売されました。
ノーマル状態でも「これぞカフェレーサー」という完成されたボディワークに535cc単気筒4ストOHVエンジンを搭載し、トコトコした心地よい鼓動を楽しませてくれます。

実は私も長時間試乗させていただいたことがあります。街乗りだけでしたが、想像以上にエンジンがスムーズに回り、トコトコしつつも気持ちよく走ることができたことを覚えています。
セル/キック両方あり、あえてキック始動で雰囲気を味わって喜んでいました(笑)。

オーナーのカーボン番長さんは、MVアグスタ F4やDUCATI ディアベルを所有されていた方ですが、「死ぬまでバイクに楽しく乗りたいと考えたときに、初心に戻って”単車を楽しむため”に購入」とコメントがありました。
ゆるくて楽しい単車が欲しいならオススメとのことです。わかります(笑)。

あと驚いたのは燃費。「リッター40~44キロとカブなみ」とあります。もちろん条件や走り方による影響は大きいと思いますが、「燃費が良い」という認識を持って良いかと思います!
新車の車両本体価格が税込み90万円未満というお値段も魅力的な一台です。

>>Webikeコミュニティで「カーボン番長」さんのバイク詳細情報をみる

【バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!】
Continental GT:オススメ関連情報
Continental GT 車種別ページへ
Continental GT 相場・新車・中古バイクを見る
Continental GT スペックを見る
Continental GT 関連記事

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年4月16日に掲載したCB1000Rのインプレの後半としてMT-10との比較試乗をお…
  2. ヤマハ発動機は、2017年に全日本モトクロス選手権IA2クラスでチャンピオンを獲得したヤマハ…
  3. 2018年4月18日、新型CB1000Rの試乗会が開催され本誌からはメインテスターの丸山浩さ…
  4. 2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内…
ページ上部へ戻る