賀曽利隆が相棒Vストローム650XTと東北2万キロで得た旅情報『ツーリングマップル東北2018年版』

【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】

前回:「Vストローム1000と街道を行く!」羽州浜街道編(3)

『ツーリングマップル東北』の2018年版が発売されました。2017年の1年間をかけて東北をまわった努力が報われたような気分です。

7月のカメラマン同行取材の3日間は奇跡の快晴つづきだったので、表紙も裏表紙も、挿入されている冊子「全力取材2018東北」も、すばらしい写真ですので、ぜひともみなさんに見ていただきたいという気持ちでいっぱいです。

東北の絶景ルート

さらに2018年版には通常版にも大型のR版にも、巻末に写真ページが6ページ入っています。題して「カソリの旅2018」で、カメラマン同行取材の第1日目のカソリ旅が時系列に並んで見られるようになっています。

5時17分の新菊島温泉(福島)にはじまり、磐梯吾妻スカイライン→蔵王エコーライン→月山越えと東北の絶景ルートを次々に走破し、最後は山形・秋田県境の三崎で日本海に落ちる夕日を見るという1日の旅。三崎到着は18時59分でした。

みなさんがこのカソリ旅のルートをフォローできるように、写真のみならず全体のルートマップと3枚の詳細なパート編のルートマップも載っています。

【Webikeショッピング】
ツーリングマップル 2018 東北 商品ページ
「ツーリングマップル」シリーズ 商品ページ

実走取材にダムカード情報も

2018年版の実走取材では山王峠(栃木・福島)から青森港までイサベラバードの足跡を追いましたが、そのコメントも新たに多数載せています。
イサベラバードは明治初期に東北を縦断したイギリス人女性で、『日本奥地紀行』という名著を残しています。当時の東北の様子が詳しく描かれいるので、この150年あまりの東北の変化がじつによくみてとれるのです。

それと2017年版にひきつづいて、2018年版でもダムカードを配布しているダム情報をのせています。新たにダムカードの配布を始めた東北のダムと、『ツーリングマップル東北』に収録されている東北に隣接する新潟県や北関東のダム情報も載せています。

2017年の2度にわたる「東北一周」や、「東京→青森・林道走破行」などで得た新たな情報も、多数載せています。

【関連ニュース】
ジクサーで行く「東北一周3000キロ」(1)
ジクサーで行く「東北一周3000キロ」(2)
ジクサーで行く「東北一周3000キロ」(3)
「東京→青森林道走破行 2017」(1)
「東京→青森林道走破行 2017」(2)

東北は最高におもしろい!

『ツーリングマップル東北』は毎年、進化しています。新しいコメントを多数のせ、さらに古くなって現状とは合わなくなったコメントを、多数削除しています。

みなさん、ぜひとも『ツーリングマップル東北』の2018年版を実際に見てください。カソリが渾身の力を込めてまわった東北2万キロで得た様々な旅情報が盛りこまれています。どうぞ『ツーリングマップル東北2018』を持って東北を駆けめぐって下さい。東北は最高におもしろいですよ~!

カソリの旅2018

ということで、冒頭でお伝えした「カソリの旅2018」をご覧ください。
写真撮影は毎年の『ツーリングマップル東北』で実走取材に同行してくれているカメラマンの巣山悟さんです。取材日は2017年7月7日、旅の相棒はスズキVストローム650XTです。

▲6時53分 巣山カメラマンと福島西ICで合流。さあ、行くぞ!

▲7時28分 土湯峠に到着。なんという快晴! 素晴らしい!!

▲7時56分 磐梯吾妻スカイラインに突入! いや~、テンションが上がります。

▲8時01分 国見台からの眺め。絶景です。

▲8時07分 磐梯吾妻スカイラインを疾走中! きゃ~、たまらん!!

▲8時39分 火山をバックにしてVストローム650XTが映えます。

▲8時44分 見てください、この荒涼とした風景を。その中を我は行く!

▲9時01分 天空を駆けるカソリ。もう、しびれてしまいます。

▲10時05分 東北道の白石ICに到着。さあ、どんどん行くぞ~!

▲10時32分 蔵王エコーラインを快走中。これが東北の魅力です。樹林の美しさには目を奪われます。

▲10時39分 お不動さんとも仲良くなって。これがカソリ旅のコツ。不動滝の展望台で。

▲11時17分 蔵王の御釜に到着。みなさ~ん、ここがカソリ一押しの絶景ポイントです。

▲11時42分 「御釜茶屋」のずんだ餅と玉こんにゃくをいただきます。

▲12時01分 蔵王エコーラインを山形県側へ。お~、これぞ絶景ルート!

▲13時31分 山形道の月山湖PAからは月山がこんな風に見えますよ~。

▲13時53分 月山スキー場から見る残雪の月山にカソリ、もうニコニコ顔!

▲14時43分 大越から旧道を下っていきます。これもカソリ旅のコツ。

▲14時59分 田麦俣の多層民家を間近に見て大感動。また来よう。

▲15時32分 大鳥居の下を走り抜けて、さー、羽黒山へ!

▲15時46分 これは出羽三山の案内図です。

▲15時53分 羽黒山ではほら貝を吹く山伏たちとの出会いが待っていました。

▲16時08分 羽黒山から見る月山です。

▲17時13分 最上川河口の酒田港に到着! やったね!!

▲17時32分 「酒田の握りずし」をいただきま~す。

▲18時48分 さらに夕日を追って日本海を北上。これがカソリ旅。

▲18時59分 みなさ~ん、今、まさに夕日が日本海に落ちていきますよ~。

▲20時38分 今晩の宿、本荘の「ルートイン」に到着。まずは巣山カメラマンと乾杯。ツーリング最高、走り終えたあとの生ビールも最高!

【関連コラム】
Webikeバイクニュース 賀曽利隆コラム バックナンバー
【Webikeショッピング】
ツーリングマップル 2018 東北 商品ページ
「ツーリングマップル」シリーズ 商品ページ
賀曽利隆

賀曽利隆 冒険家・ツーリングジャーナリスト

投稿者プロフィール

1947年東京生まれ。
1968年から2年間をかけてアフリカを一周したのを皮切りに、バイクで世界の6大陸を駆け巡る。
1982年には「パリ→ダカールラリー」に日本人ライダー初の参戦。1987年には「サハラ砂漠往復縦断」。7度の「日本一周」を成しとげ、「70代編日本一周」を目指している。
ツーリングマップル東北の担当ライダーで、東北の道という道を精力的に走っている。
モットーは「生涯旅人!」

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲公開テスト ナイトセッションイメージ テストの様子を間近で観覧 鈴鹿サーキットは、7月26…
  2. 【ビッグツアラーバイク徹底比較!】ディテール&試乗インプレッション ツーリングの際に高速道…
  3. モーリスマグをドレミコレクションが復活! オートバイパーツの製造・販売を行うドレミコレ…
  4. ■大会名 FIM世界グランプリ MOTO2 第三戦 アメリカズGP ■開催日 予選…
ページ上部へ戻る