無事故・無違反にチャレンジ!「2018 OSAKA 二輪車セーフティチャレンジ」が大阪府内で開始

大阪府内を通行するライダーのためのキャンペーン

「2018 OSAKA 二輪車セーフティチャレンジ」が、4月28日より大阪府内でスタートする。

このキャンペーンは、期間中、二輪車ユーザーが無事故・無違反にチャレンジし、交通安全意識を高め、交通事故を防止することを目的としたもの。大阪府下において、二輪車による交通事故が多発傾向にあるため、大阪府警察本部交通部が主催する。

参加条件は、大阪府内を通行する二輪車利用者。参加者には啓発品としてセーフティチャレンジシールが進呈される。

以下公式サイトより


セーフティチャレンジの目的

大阪府下において、二輪車による交通事故が多発傾向にあります。そこで二輪車利用者が、無事故・無違反にチャレンジし、交通安全意識を高め、交通事故を防止することを目的としています。

エントリー期間とチャレンジ期間

エントリー期間

平成30年4月1日(日曜日)から平成30年4月27日(金曜日)まで

チャレンジ期間

平成30年4月28日(土曜日)から平成30年10月31日(水曜日)まで

参加条件や参加申込み先、参加費用について

参加条件

大阪府内を通行する二輪車利用者

参加申込み先

株式会社アールエスタイチ(各店舗)、株式会社G-7バイクワールド(りんくうシークル店)、株式会社ドライバースタンド(大阪府下の2りんかん各店舗)、南海部品株式会社(本店)、大阪オートバイ事業共同組合加盟の一部店舗(詳細は、大阪オートバイ事業協同組合のホームページ参照)及び大阪府下の各警察署交通課

参加費

630円(「運転記録証明書」申込手数料)
※詳しくは、大阪府下の各警察署交通課にお問い合わせください。

≫その他詳細はこちら

情報提供元 [ 大阪府警察 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る