今週の日記ピックアップは、佐渡島を冒険した[きたきつねさん ツーリング日記]

ユーザー:きたきつねさん
車種名:HONDA NC700X
期間:2018年03月31日~2018年04月01日
都道府県:新潟県

今回は、自然が豊かな佐渡島へツーリングに行ったきたきつねさんの日記です。

佐渡の魅力と季節を感じる写真が沢山!
トキ、巨大なわらじ、鉱石、弁天岬、ミズバショウなど、フェリーの時間までめいっぱい楽しまれています!

SADOVENTURE TOURING(小佐渡編だっちゃ)

サドベンチャーツーリングの二日目。今日は佐渡の東側にある小佐渡方面を回ります。
すでに昨日さんざん山奥を駆け巡ってきたので、少々膝にキていました。
しかしそれでも今日の夕方4時のフェリーに乗る都合があるので、残された時間をめいっぱい楽しむべく再び山の奥底へ。

4月1日、日曜の朝。
8時過ぎにホテルを出発。
天気はどんよりと曇っていて、700xのシートを見ると小さな雨粒が。
天気予報では回復基調だそうなので心配はしてませんが、念のためレインスーツ着用で出発しました。

普段は地元の人しか通らない、加茂湖の奥地の細い道を通過。
昔話では、加茂湖には一つ目入道が住んでいたとか。
そんな一つ目入道は時折現れて、ここを通る人を驚かしたと言われます。
一つ目入道かあ。ガンダムに登場した「ザク」みたいなヤツだったのかな。いや、水底からでてくるから「アッガイ」のほうか。

早春の加茂湖は水が澄んでいます。
「おーい。一つ目入道、出てこーい」水面を覗き込んで呼んでみました。

「カフー・・」と返事をして、少しずつ近づいてきたのは、コブハクチョウでした。
白装束の旅人が珍しいらしく、しげしげとこちらを観察しています。
・・おまえさん、まだ北国へ帰らなくて良いのかい。

新穂の田園地帯を通過。
今日は地域の水普請の日のようで、軽トラで乗り付けた農家さん達が、あちこちで水路の整備に励んでいました。
朝から、ご苦労様です。

・・と。
離れた田んぼの奥に、ちょこちょこと動いている水鳥を発見。

おおー。
代掻きを終えた田んぼで餌を探していた水鳥は、頭が黒っぽく変化したトキでしたよ。

そう、昨年末にきつ姉ェがトキを見かけたのはサーモンピンクの体色で、数羽の群れで行動していたとか言ってました。
繁殖時期を迎えて、トキの行動パターンが変化しているようです。

その後も数回トキに出会いましたが、どれも頭部が黒っぽく変色していたため、遠くから見つけるには少し慣れが必要です。この変色には一種の迷彩効果があるのかもしれません。

トキは、体にある分泌腺の色素を頭部に塗りつけて黒くしていると言います。
俺も髪に目立ち始めた白髪をカバーするためにヘアカラーを塗りたくって黒染めしていますが、トキもそうだったんだね。
ヘンな親近感を感じる俺。

トキと「トキ折り」出会える自然豊かな島。いつまでもこんな沢山の自然が残されているとイイな。

畑野から真野へ向かう、山裾を駆け抜ける快適ルート。

さらに少し進んだところには、眺めの良い橋が架かっていました。遠くに見えるのは真野湾です。

かなり交通量が少ない道路で、時折山菜狩りのじいちゃんが道ばたを歩いている以外は人影もなし。
700xでのーんびりと走って行きました。

⇒佐渡島を冒険した「きたきつねさん」の日記 続きを読む

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ビッグツアラーバイク徹底比較!】ディテール&試乗インプレッション ツーリングの際に高速道…
  2. モーリスマグをドレミコレクションが復活! オートバイパーツの製造・販売を行うドレミコレ…
  3. ■大会名 FIM世界グランプリ MOTO2 第三戦 アメリカズGP ■開催日 予選…
  4. ヤマハ発動機は、水冷・直列2気筒530cm3エンジンを搭載するオートマチックスポーツコミュー…
ページ上部へ戻る