東京モーターサイクルショー特集(9) 市販化も視野! 無限がオリジナルVツインを発表

ホンダの4輪ではセミワークス的存在であり、2輪でもマン島TTに自社製電動レーシングバイク「神電」で参戦を続ける無限(M-TEC)が、東京モーターサイクルショーで完全オリジナル設計・自社製作の空冷Vツインエンジンを初公開した。なんと、市販化も視野に入れて開発を進めているという。

今こそガソリンエンジンの面白さを

空冷の45度Vツインで、排気量は約1400cc。ストロークがボアよりも大きいロングストロークユニット(数値は非公開)で、吸気2、排気1の3バルブヘッドを持つ2カムOHV……。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. LS2は、2019年のニューモデルとして『SPITFIRE(スピットファイア)』と『BREA…
  2. 人気の小・中排気量に注目が集まりました ホンダ、ヤマハと続き、今回はスズキの注目されたモト…
  3. ウィズミーは、来年の走行会・スクールのスケジュールを発表した。 耐久レースや気軽に楽し…
  4. ホンダは、2019年1月11日(金)から13日(日)まで千葉県の幕張メッセにて開催される「東…
ページ上部へ戻る