見た目はヤマハ、中身はホンダ!ホンダとヤマハの協業第一弾 新型ジョグ&ビーノ登場

‘16年10月に発表され、大きな話題を集めた「ホンダとヤマハの協業」というニュース。具体的には原付一種における協業の検討を開始……というものだったが、ついにその第一弾が登場された。ホンダ製となった「新型ジョグ」と「新型ビーノ」である。

エンジンには「HONDA」のロゴが!

今回の2車は「ホンダがヤマハへ、日本市場向けの50ccスクーターをOEM供給する」という検討内容に基づくもの。具体的には、ホンダ・タクトをベースとする新型ヤマハ・ジョグと、同じくホンダ・ジョルノを基とする新型ヤマハ・ビーノを、ホンダが生産してヤマハへ供給するというものだ(ジョグZRとビーノ モルフェは現状ではヤマハ製のまま)。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  2. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  3. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
  4. 国内最大級のモーターサイクルイベント「第46回東京モーターサイクルショー」が、2019年3月…
ページ上部へ戻る