カワサキ、鈴鹿8耐第41回大会に参戦 スーパーバイク世界選手権3連覇のジョナサン・レイが参加

川崎重工グループのカワサキモータースジャパンが運営するカワサキチームグリーンは、2018年7月26日から開催される“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下、鈴鹿8耐)第41回大会に参戦することを発表した。

カワサキチームグリーンとしての参戦は5回目で、2016年と2017年は2位を獲得している。
今回は、昨年大活躍を見せたレオン・ハスラム(全英スーパーバイク選手権参戦中)と渡辺一馬(全日本ロードレースJSB1000参戦中)のペアに加え、スーパーバイク世界チャンピオン三冠王にして鈴鹿8耐優勝経験者であるジョナサン・レイを招聘した。
マシンは3ライダーとも慣れ親しんだNinjaZX-10RR。悲願の優勝奪還を目指す。

Kawasaki Team GREEN

■マシン

Ninja ZX-10RR

■ゼッケンナンバー

#11

■ライダー

渡辺 一馬(Kazuma Watanabe)
生年月日:1990年5月6日
出身地:栃木県
主な戦績:2017年JSB1000:3位、鈴鹿8耐:2位、2016年JSB1000:14位

「優勝を目指せる顔ぶれがそろいました。彼らと走れることを楽しみにしています。カワサキにご声援をお願いします」

レオン・ハスラム(Leon Haslam)
生年月日:1983年5月31日
出身地:イギリス
主な戦績:2017年 BSB:3位、鈴鹿8耐:2位、2016年 BSB:2位、鈴鹿8耐:2位、2014年 鈴鹿8耐 優勝、2013年 鈴鹿8耐 優勝

「8耐は何から何まで他のレースと違う特殊なレースです。2位はもう2回も取ったので、今年はほかの二人と優勝を狙いにいきます」

ジョナサン・レイ(Jonathan Rea)
生年月日:1987年2月2日
出身地:イギリス
主な戦績:2017年WSBチャンピオン、2016年WSBチャンピオン、2015年WSBチャンピオン、2012年 鈴鹿8耐 優勝

「長い間この機会を待っていました。8耐はチームの総合力が試されるレースで、いいライダー、いいマシン、いいスタッフが揃って、安定したラップタイムを重ねることが優勝につながります。これこそが耐久の美学です」

<ジョナサン・レイに関する過去のお知らせ>
>>スーパーバイク世界選手権参戦のジョナサン・レイ選手が大英帝国勲章を受勲
>>スーパーバイク世界選手権 史上初の三連覇を達成

■監督

釈迦堂 利郎(Toshiro Shakado)

情報提供元 [ 川崎重工 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る