無限、「神電 七」を東京モーターサイクルショーで公開 およびマン島TTライダーを発表

無限は、今年度マン島TTレース TTゼロチャレンジクラスに参戦する新型マシン「神電 七(SHINDEN NANA)」を第45回東京モーターサイクルショー無限ブース内に於いて、発表する。

本年のマシンは、フロントカウルの改良による冷却機能向上と、サイドおよびリアカウルを新デザインとし空力特性の向上を図った。また、バッテリーのポテンシャルを最大限に引き出す設計を施し、TTゼロチャレンジクラス5連覇の達成、およびコースレコードの樹立を目標に挑戦する。

ライダーは昨年、一昨年のTTゼロチャレンジクラスの覇者、ブルース・アンスティ選手、マン島TTレース通算優勝回数23回のレジェンドライダー、ジョン・マクギネス選手、そして北アイルランド出身でノースウエスト200では常連のリー・ジョンストン選手と3人体制での参戦となる。

<マン島TTレース(TheIsleofManTouristTrophyRace)TTゼロチャレンジクラス>
マン島TTレースはイギリスとアイルランドの間にある淡路島程の大きさのマン島で1907年から開催されている市街地、住宅街、山間部を含む1周約60kmの一般公道コースタイムトライアル形式で走行する、現存する世界最古の高速オートバイレースである。
第二次世界大戦終結後の1947年からは世界グランプリロードレース選手権として再開され、日本の二輪メーカーやライダー達が果敢にチャレンジしたことが、今日世界に大躍進した日本の二輪産業のまさしく繁栄の基盤となった。TTゼロチャレンジクラスはクリーンエネルギー時代の将来を見据えて2009年から新たにスタートしたカテゴリーで、CO2を排出しないクリーンエミッション機構を動力に持つことが定められている。
一般的なレシプロエンジンでのレースクラスは1レースで3周から6周するところ、TTゼロチャレンジクラスはバッテリー性能と容量の兼ね合いから、現在1周約60kmのみのレースとなっている

以下プレスリリースより


マン島TTレース TTゼロチャレンジクラス 参戦体制

チーム名 ナンバー ライダー 監督
TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)
1 ブルース・アンスティ(Bruce Anstey) 宮田 明広
(Akihiro Miyata)
2 リー・ジョンストン(Lee Johnston)
3 ジョン・マクギネス(John McGuinness)

■参戦マシン 神電七(SHINDEN NANA)

■ライダープロフィール

●ブルース・アンスティ選手
・生年月日:1969.4.24
・出身地:Wellington, New Zealand1996年にマン島TTレースデビューし、これまでに12回優勝。マン島TTレース TTゼロチャレンジクラス2016年、2017年と2年連続の優勝ライダー。
●リー・ジョンストン選手
・生年月日:1989.3.10
・出身地:Maguiresbridge, Northern Ireland
2008年のブリティッシュスーパーストック600でチャンピオンになる。公道レースでは2008年にノースウエスト200でデビュー。マン島TTレースは2013年から参戦。2015年にはTTゼロクラスで参戦した。
●ジョン・マクギネス選手
・生年月日:1972.4.16
・出身地:Morecambe, Lancashire, England
1996年にマン島TTレースデビューし、これまでにマン島TTレースの通算優勝回数23回を誇るレジェンドライダー。神電参(2014)、神電四(2015)でTTゼロチャレンジクラス2
度の優勝を誇る。

第45東京モーターサイクルショー 無限ブース

■神電 七(SHINDEN NANA)

昨年優勝した神電六に、さらなる冷却機能・空力特性の向上、そして、バッテリーのポテンシャルを最大限に引き出す設計が施された神電七。無限ブースでは神電七とカウルを取り外し内部構造を見る事の出来る神電のカウルレスモデルを展示いたします。

■電動モトクロッサー「E.REX」

昨年マン島TTレースに 4連覇を成した遂げた電動ロードレースマシン『神電』。無限はより多くの方々に電動モータースポーツを体感して頂くため、その『神電』の技術を踏襲し製作した電動モトクロッサー『E.REX』のプロトタイプを昨年に引き続き展示致します。
モトクロッサーへの新たなアプローチとして力強い恐竜(ティラノザウルス)をデザインコンセプトとし、ネーミングは、そのティラノサウルス(T.REX)に、電動のEを組み合わせたものとなっております。
そして、今年はその試作車両の完成を目標に、同プロジェクトを推進しております。

■MUGEN V ツインエンジンスタディーモデル

「目まぐるしく進化している時代だからこそ、あえて荒々しい鼓動とトルク感、そして男性的な格好良さを求めたガソリンエンジンを創りたい。」そんな思いを掲げ、徹底的に拘った素材とデザインを採用し、最新加工技術から生まれた最高の品質精度で作り出されたガソリンエンジンのスタディーモデル「MUGEN V Twin Engine」。
エンジン単体での販売を視野に入れ開発を進めています。

情報提供元 [ 無限 MUGEN ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. LS2は、2019年のニューモデルとして『SPITFIRE(スピットファイア)』と『BREA…
  2. 人気の小・中排気量に注目が集まりました ホンダ、ヤマハと続き、今回はスズキの注目されたモト…
  3. ウィズミーは、来年の走行会・スクールのスケジュールを発表した。 耐久レースや気軽に楽し…
  4. ホンダは、2019年1月11日(金)から13日(日)まで千葉県の幕張メッセにて開催される「東…
ページ上部へ戻る