トライアンフMoto2マシンに初試乗!3気筒765ccの実力はいかに!?

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

話題のトライアンフ製Moto2マシンに試乗する機会を得たのでレポートしたい。

以前ニュースでも伝えたが、昨年6月にトライアンフが2019年シーズンからMoto2チャンピオンシップの公式エンジンサプライヤーとなることを発表。MotoGPの商標権を持つドルナとの契約により3年間、独占的にエンジンを供給することになった。

2010年に2ストエンジンのWGP250ccクラスに代わるカテゴリーとしてのMoto2が誕生して以来、ホンダが公式サプライヤーとしてCBR600RRベースのエンジンを供給してきた経緯がある。Moto2マシンはレギュレーションでプロトタイプと規定されているので、シャーシは実際のところ「カレックス」や「スッター」、「テック3」といった実績のあるコンストラクターが製造したものを使用するチームがほとんどだ。
つまり、Moto2とはエンジンで同一コンディションの縛りを設けたプロトタイプのマシンによるレースなのだ。

デイトナ675の車体にMoto2エンジンを搭載

目の前に佇むトライアンフのMoto2マシンは一見するとデイトナ675にそっくり。
ただ、エンジンは新型ストリートトリプルRSに搭載される水冷並列3気筒DOHC4バルブ3気筒765ccをベースに大幅な改良が加えられたものだ。つまり、これが2019シーズンから供給されるまさにMoto2エンジンである。

→続きを読む

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. Hondaウエルカムプラザ青山は、11月3日(土・祝)・4日(日)に開催された『カフェカブミ…
  2. 【OGA 小川裕之:エクストリームバイク スタントライダー】 大変お待たせ致しました!…
  3. ▲Scrambler1200 Quartz着信時表示 トライアンフは、2019年モデルに新世代…
  4. 日本製・スチール製のリアキャリアをプレゼント キムコジャパンは、期間中、Racing S …
ページ上部へ戻る