スズキ、大阪・東京モーターサイクルショーの出展概要を発表

▲スズキブースのイメージ図(東京)

GSX-R1000RのサーキットVR体験コーナーも設置

スズキは、3月16日から18日までインテックス大阪で開催される「第34回大阪モーターサイクルショー2018」および、3月23日から25日まで東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターサイクルショー」への出展概要を発表した。

今回のスズキブースは、2017年10月に東京モーターショーで発表した上質なスタンダードスクーター「SWISH(スウィッシュ)」や、新グラフィックを採用したスーパースポーツバイク「GSX-R1000R」の輸出仕様車を参考出品する。

市販車では2018年1月に発売した125ccのロードスポーツバイク「GSX-R125 ABS」や、伝統的な外観を取り入れたネオレトロの「SV650X ABS」など新型モデルを中心に、実際に触れることができる車両を数多く展示することで、スズキ二輪車の魅力を発信していく。

また、「GSX-R1000R」にまたがりながらサーキットでの走行映像をVR(バーチャルリアリティ)装置で再生するVR体験コーナーを設ける。映像に合わせて車両を左右にバンクさせることで、サーキットにおけるライディングを体感できる。

▲GSX‐R1000R(参考出品車)

以下プレスリリースより


展示車両

参考出品車

SWISH
GSX-R1000R(輸出仕様車)
GSX-RR(MotoGP参戦車両)

国内向け市販車

SV650X ABS(1月26日発売)
GSX-R125 ABS(1月26日発売)
GSX-S1000 ABS
GSX-S1000F ABS
GSX-S750 ABS
GSX-S125 ABS
V-Strom 1000XT ABS
V-Strom 650XT ABS
アドレス125
アドレス110

モーターサイクルショー2018 スペシャルサイト

http://www1.suzuki.co.jp/motor/mcs2018/index.html

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る