アプリリア、モトグッツイ、ベスパが東京モーターサイクルショー出展概要を発表

V7 IIIシリーズなどアジア初公開モデル多数

ピアッジオグループジャパンは、3月23日(金)~25日(日)まで、東京ビックサイトにて開催される「第45回東京モーターサイクルショー」への出展概要を発表した。「アプリリア」「モトグッツイ」「ベスパ」の3つの個性豊かなイタリアンブランド、合計11台のモデルを展示する。

モト・グッツィからは、2017年のEICMAにてV7 IIIシリーズの特別限定車として公開された、「V7 III Carbon」「V7 III Milano」をアジア初公開。今春から順次国内発売予定の注目モデルだ。

アプリリアからは、V型4気筒のスーパースポーツ「RSV4 RF」と、そのスーパーネイキッドモデル「Tuono V4 1100 Factory」 の2018年モデルが展示されるほか、EICMAで発表された本格125ccモトクロス「RX125」がアジア初公開される。

ベスパからは、フラッグシップモデルの「946(RED)」や、デビュー間もない「GTS 150 Super」、伝説的スポーツモデルの復刻版「Sei Giorni」のほか、「Primavera 125 ABS」の最新モデル計4台が展示される。

=アプリリア出展車両=

RSV4 RF

Tuono V4 1100 Factory

RX 125(アジア初公開)

=モトグッツイ出展車両=

V7 III Carbon (アジア初公開)

180309_04

V7 III Milano (アジア初公開)

180309_05

V7 III Stone

180309_06

V9 Bobber

180309_07

=ベスパ出展車両=

946(RED)

Sei Giorni

Primavera 125 ABS

GTS 150 Super

→Aprilia公式サイト 全文を読む
→MOTO GUZZI公式サイト 全文を読む
→Vespa公式サイト 全文を読む

情報提供元 [ Piaggio ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る