ダンロップ最新タイヤは「発熱」する?!2018新作タイヤ「ロードスポーツ2」発表

住友ゴム(ダンロップ)が2018年の新作タイヤ「ロードスポーツ2」を都内で発表した。

本作は従来品、ロードスポーツの特徴であるグリップとロングライフの両立をさらに発展させたスポーツラジアルで、注目すべきは同社がリヤタイヤに新採用した2層トレッド構造「パフォーマンス・コンパウンド・レイヤーズ(PCL)」だ。

表層と深層のコンパウンドを変更するPCLにより、新品時から摩耗時まで優れたグリップ性能を発揮・維持させる構造となる。

”2層目”のコンパウンドがタイヤを発熱させる

接地面となる表層(1層目)のコンパウンドにはシリカと結合性の高い「新ポリマー」を採用。路面との密着性がさらに向上し、グリップと耐摩耗性を高めた。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  2. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  3. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  4. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
ページ上部へ戻る