ラムエア搭載のレーサーがタイでデビュー 2018新型Ninja250がレースで198.1km/h

2018年型でフルモデルチェンジを果たし、国内では2月1日に発売したばかりの新型Ninja250が早速レースデビュー。アジアロードレース選手権にカワサキワークスのManual Tech Kawasaki Racingからただ一台参戦した新型Ninja250レーサーは、高いポテンシャルを秘めていそうだ。

ポテンシャルは高そう

2月4日にトリックスターレーシングのテストに密着した記事でもお伝えした通り、新型Ninja250はサーキット性能でも高いポテンシャルを秘めていることが明らかになった。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ’19でユーロ4対応とともにスタイルを一新するモデルチェンジを受けたカワサキNinja ZX…
  2. 3月31日(日)に沖縄最大級のバイクイベント「カスタムマシンコンテスト2019 in ム…
  3. ※画像はイメージです。 全国の対象店舗で実施 NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3…
  4. 誕生経緯がよく似ている初代と新生カタナ 新生カタナが誕生するきっかけは、モトチクリスモ誌が…
ページ上部へ戻る