ラムエア搭載のレーサーがタイでデビュー 2018新型Ninja250がレースで198.1km/h

2018年型でフルモデルチェンジを果たし、国内では2月1日に発売したばかりの新型Ninja250が早速レースデビュー。アジアロードレース選手権にカワサキワークスのManual Tech Kawasaki Racingからただ一台参戦した新型Ninja250レーサーは、高いポテンシャルを秘めていそうだ。

ポテンシャルは高そう

2月4日にトリックスターレーシングのテストに密着した記事でもお伝えした通り、新型Ninja250はサーキット性能でも高いポテンシャルを秘めていることが明らかになった。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る