ラムエア搭載のレーサーがタイでデビュー 2018新型Ninja250がレースで198.1km/h

2018年型でフルモデルチェンジを果たし、国内では2月1日に発売したばかりの新型Ninja250が早速レースデビュー。アジアロードレース選手権にカワサキワークスのManual Tech Kawasaki Racingからただ一台参戦した新型Ninja250レーサーは、高いポテンシャルを秘めていそうだ。

ポテンシャルは高そう

2月4日にトリックスターレーシングのテストに密着した記事でもお伝えした通り、新型Ninja250はサーキット性能でも高いポテンシャルを秘めていることが明らかになった。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ビッグマシン・ゼロ:文-青木タカオ 写真-ピレリジャパン】 スポーツモデル並みの高出…
  2. 【ビッグマシン・ゼロ:文-中村友彦 写真-渕本智信/ピレリジャパン】 '10年のSTに…
  3. 東日本高速道路株式会社と中日本高速道路株式会社は、今年も長野県内の高速道路が定額で乗り放題と…
  4. ▲R-BOXのイメージ 鈴鹿サーキットは、「”コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース …
ページ上部へ戻る