ツインリンクもてぎ、「トライアル世界選手権 第2戦 ストライダー 日本グランプリ」を6/2・6/3に開催

ツインリンクもてぎは、2018年6月2日(土)・3日(日)に、「2018 FIMトライアル世界選手権第2戦 ストライダー 日本グランプリ」を開催する。

この大会は、自然の地形を活かした岩場や急斜面をバイクに乗ったまま駆け上り、その技術力を競う「トライアル」の世界トップライダーが集まる一戦。
日本ではツインリンクもてぎでのみ開催されており、ハローウッズを中心とした森の中で観戦でき、自然散策とあわせて楽める。

また、今大会は2~5歳の子どもが乗れるランニングバイク「ストライダー」を日本全国に展開するストライダージャパンが引き続きタイトルスポンサーとして大会を協賛し、「ストライダーエンジョイカップ」も開催される。ロードコースを自身のバイクで走行できるイベントも予定されており、様々なイベントを家族で体験できる。

なお、前売チケットは、3月10日(土)より販売される。

開催概要

■大会名称
2018 FIM トライアル世界選手権 第2戦 ストライダー 日本グランプリ

■開催日
2018年6月2日(土)・3日(日)

■主催
一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)/株式会社モビリティランド

■冠協賛
ストライダージャパン

■公認
国際モーターサイクリズム連盟(FIM)

自然の地形を活かしたダイナミックなセクションで繰り広げられる
世界最高レベルの戦い

ほとんどのモータースポーツがタイムを競うのに対し、トライアルはマシンを操るテクニックを競う。そしてツインリンクもてぎで行われる2018年FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリでは、自然の地形を活かしたセクションと呼ばれる1~15の競技区間がツインリンクもてぎの森(ハローウッズ)の中を中心に作られ、ライダーは1日にそのセクションを順番通りに2周する。

そしてセクション内で地面に足をつけば、回数によって1~3の減点、転倒すれば5点減点となりそのセクションは失敗……こうしてトータルの減点数がいちばん少なかったライダーが優勝となる。日本グランプリは2日制で行われることから、両日に優勝者が誕生する。
日本グランプリのセクションは、高低差30mはあろうかという垂直に近い状態で立ちはだかる崖や岩盤、滑りやすい泥地などといったトライアル競技の基本的セクションから、トップライダーをも苦しめる難セクションまで、バリエーションに富んでいる。

そしてそうしたセクションに挑む各ライダーの息づかいまでがリアルに伝わる至近距離での観戦は、緊張感高まること間違いない。

絶対王者ボウに挑む藤波。世界屈指の妙技は感動モノ!!

トライアル世界選手権で絶対王者に君臨するのが、レプソルHondaチームのトニー・ボウだ。昨年、前人未踏の11連覇を達成し、今年もまたチャンピオンの最有力候補。的確なマシンコントロールは他の追随を許さず、難所をいとも簡単にクリアしていく姿は感動的ですらあり、まさに一見の価値がある。

このボウの最大のライバルがTRRSのマシンを駆るアダム・ラガ、そしてボウのチームメイトの“フジガス”こと藤波貴久だ。藤波は2004年に日本人初の世界チャンピオンになったが、躍動感溢れるトライはワクワク感たっぷりでファンを魅了する。

さらにガスガスのマシンを駆るジェロニ・ファハルドやハイメ・ブスト、ベータのマシンを駆るベテランのアルベルト・カベスタニーのトライも要チェックだ。

開催イベント

【GPコースエクスペリエンス】
MotoGPが開催されるロードコースをマイバイクで走行できるイベントを今年も開催。パレード走行ではなく先導付きの高速走行のため、よりMotoGPライダー気分を味わえます。
さらにステージイベントや各種バイク用品ショップの出展もあり、コース走行にイベント、そしてトライアル観戦と、6/2(土)はバイクを思う存分お楽しみいただけます。
■開催日:6月2日(土)
■前売料金(高校生以上):アフタヌーンチケット付き走行券 2,500円・走行券のみ 2,000円

【BS11 MOTORISE プレゼンツイベント】
GPコースエクスペリエンスを開催する6/2(土)には、元MotoGPTMライダー中野真矢さんと、下川原利紗さんが来場予定。毎週金曜日にBS11で放送中の「BS11 MOTORISE」メンバーとして、タイアップイベントへ出演いただきます。
■開催日:6月2日(土)

【ストライダーエンジョイカップ】
2歳~5歳のお子様にご参加いただける、ペダル無し自転車“ストライダー”を使ったレース「ストライダーエンジョイカップ」が今年も開催されます。速く走ることよりも、「だれもが楽しく走れる」ためのコース設計だから、全くストライダーに乗ったことが無い子も大丈夫。もちろん、ストライダーでレース経験のあるキッズの参加も大歓迎!
■開催日:6月2日(土)・3(日)

>>今大会・チケットの詳細はこちら

情報提供元 [ ツインリンクもてぎ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る