【新車】スズキ、「アドレス125」にフラットシート仕様を追加し3/30より発売 トランクスペース容量UP

スズキは、快適で使い勝手の良い新型125ccスクーター「アドレス125」にフラットシート仕様を追加して3月30日より発売することを発表した。

「アドレス125 フラットシート仕様」は、2017年9月より発売を開始した、燃焼効率の向上やフリクションの低減などにより、スムーズな加速性能と優れた燃費性能を両立した新開発の124cm3エンジンを搭載した「アドレス125」に、フラット形状のシートを採用し、トランクスペース容量が向上したモデルとなる。

カラーは既存モデル同様パールグレイスフルホワイト、キャンディパトリシアンレッド、パールノベルティブラックの3色、メーカー希望小売価格は226,800円(税込)。

アドレス125 フラットシート仕様

メーカー希望小売価格:226,800円(税込)
【パールグレイスフルホワイト】

【キャンディパトリシアンレッド】

【パールノベルティブラック】

「アドレス125」の主な特長

■エンジン・車体
・新開発の124cm3空冷2バルブ単気筒SOHCエンジン。燃焼室形状の最適化と曲線形状の吸気ポートの組み合わせにより燃焼効率の向上を図った。フリクション低減などにより、スムーズな加速性能(最高出力6.9kW/7,000rpm、最大トルク10N・m/6,000rpm)と52.0km/L※1の優れた燃費性能を実現。
・広々としたフラットな足元スペースを確保することで、快適なライディングポジションを実現。
・左右の足元付近を絞り込んだカットフロアボードによる良好な足つき性。
・12インチの大径フロントホイールによる高い安定性。

■装備
・ヘルメット等の収納に便利なシート下トランクスペース。※2
・フロントインナーラックは、600mlのペットボトルを左右 1 本ずつ収納可能。※3
・大型のストッパー付かばんホルダーをハンドル下に装備。※4
・シート開錠機能付ステアリングロックには、鍵穴をカバーすることができるシャッターキーを採用。
・センタースタンドに加え、駐輪時に便利なサイドスタンドも標準装備。

■デザイン
・快適性とデザイン性を両立した、伸びやかさに新規性を取り入れたデザイン。
1)ハンドルを切った方向を常に照らすことができる、ハンドルマウントのヘッドランプ
2)切れ長で個性的な、フロントレッグシールド内蔵のフロントウィンカー
3)スピード感を表現する、スポーティーなサイドラインと躍動的なシルエットのリヤビュー
・車体色は、白「パールグレイスフルホワイト」、赤「キャンディパトリシアンレッド」、黒「パールノベルティブラック」の3色を設定。

※1 国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※2 形状、大きさによりシート下トランクスペースに収納できないヘルメットもあります。最大積載許容重量10kg。
※3 形状によりフロントインナーラックに収納できないペットボトルもあります。最大積載許容重量1.5kg。
※4 最大積載許容重量1.5kg(左右合計)。

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  2. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  3. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  4. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
ページ上部へ戻る