サインハウス、スクーターブランド「ランブレッタ」製品の取り扱い・国内販売を開始

東京モーターサイクルショーで国内復活へ

サイン・ハウスは、Lambretta GmbH社と正規輸入代理店契約を締結し、2018年3月よりLambretta製品(スクーター及び関連部品、用品並びにサービス)の取り扱い・日本国内販売を開始する。

Lambretta(ランブレッタ)は、1933年にイタリアで創業した金属加工工場がルーツとなるスクーター・ブランド。1947年に最初のスクーターを製造し、以来同じイタリアのVESPAと世界を二分する人気を博してきた。

1970年代には工場閉鎖となった同ブランドだが、2017年に再設立を果たし、昨年11月のEICMAで正式に設立を発表。サイン・ハウスは、日本では手付かずの状態だったランブレッタと直接交渉し、日本における総代理権並びにブランド使用権を独占することに成功した。

ランブレッタは、昨年のEICMAで発表されたニューモデル、V50/V125/V200の3機種の生産を2018年2月下旬より開始しており、サイン・ハウスでは、3月23日から開催される東京モーターサイクルショーで、これらをいち早く入手し展示・発表する予定だ。

→全文を読む

情報提供元 [ SYGN HOUSE ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る