モトGPワークスマシン譲りの品質!エッチングファクトリー「ラジエターコアガード」 “ 溶かし出し” で超精密加工を実現

【PR】

ラジエターやオイルクーラーは無数のコアで形成されている。コアはフロントタイヤが巻き上げる小石で潰れたり、砂や泥、虫などで汚れが付着する。ダメージを受ければ冷却性能はダウンし、エンジンは実力を発揮できなくなってしまう。
そこで重要なのがラジエターコアガードだ。

実戦で培ったノウハウと高度な加工技術が息づく

エッチングファクトリーは、多様な電子部品を製作する冨士精密工業のブランド。持ち前の金属加工技術を活かしたコアガードは高く評価され、モトGPワークスのラジエターガード制作を手がけるほどの品質を誇る。

MT-10用 ラジエター&オイルクーラーガードSET
●税込価格:3万7800円

テストしたMT-10用のコアガードも網目が非常に細かく、高精度。部位によって目の形状と密度を変更したり、素材の板厚を維持して強度を保ちつつ開口率を追求した理想的なメッシュライン幅も特徴だ。

冷却性能と美観を両立

▲Before
▲After

材質はステンレス。潰れやすいセンター部は目を細かく、両サイドは粗いヘキサゴン形状とし、保護と冷却性能を両立。さらにドレスアップ効果も抜群!装着はボルトオンで簡単だ。他にも豊富なラインナップを用意する。ダメージを受ける前に装着をお勧めしたい。なおエンブレムは5色から選択可能だ。

これを実現しているのが独自のノウハウと高度な技術。前者には、鈴鹿8耐を中心としたレースからの知恵や経験が活かされる。社長は大のバイク好きで、なんと自ら8耐に19回も参戦しているのだ!

さらに、一枚板を化学薬品で溶かして形状を作る「フォトエッチング加工」によりバリや歪みは皆無。そのクオリティをぜひ体感して欲しい。

「フォトエッチング」とは?
マスキングした後、薬品で不要部分を溶解して形状を作る「溶かし出し」の技法がフォトエッチング加工。プレスでは不可能なシャープかつ精細な加工を実現できる。

さらにドレスアップできる!

MT-10用 エアダクトメッシュSET

●税込価格:1万800円

MT-10向けに、シリーズのシンボルであるダクトとサイドカウルのステンレス製メッシュも登場。目立つ部位だけに、お手軽に高級感や個性を演出できる。装着は、カウルを外して純正パーツと交換するだけでOKだ。

▲Before
▲After
▲Before
▲After
【Webikeショッピング】
ラジエターコアガード(MT-10用) 商品ページ
エアダクトメッシュSET(MT-10用) 商品ページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る