外見も走りも変貌!プラスミュー「アルミ フローティングピン」ドレスアップ効果絶大、安定した制動にも貢献

【PR】

【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾宏明 撮影-松井 慎】

性能を解放し、バネ下も軽減する魔法のピンだ

プラスミューは、全国的に有名なブレーキシステムのプロショップだ。代表の本橋祐一氏は’80年代後半にチームとして全日本に参戦。自らブレーキディスクを製作するようになり、’90年から商品化を始めた。

WGPや全日本での実戦を通して開発した製品は、口コミで評判が広まり、今では全日本などで多くのチームがプラスミューのローターを使用している。

ブレーキを手軽にカスタムしたい人にお勧めしたいのが、同社のアルミ製フローティングピンだ。ピンに遊びを持たせることで、制動時に発生するローターの反りや歪みを抑えるのがフローティングディスクの目的。

だが、国産車のフローティングは、ピンがしっかりカシメられ、ローターがほぼ固定された状態。フローティングの効果はほとんどないが、このピンに交換することによって「フルフローティング」化を実現し、本来の性能を発揮できるのだ。

【Webikeショッピング】
アルミ フローティングピン 商品ページ

また、1本10gと重いステンレス製の純正ピンに対し、アルミ製は3gと軽く、バネ下重量の軽減につながる。そして何より「見た目」の変化が大きい。本橋代表によると、ユーザーはドレスアップが目的の街乗り派が多いと言う。

なお、ワッシャーを交換すればピン自体は2万km程度の耐久性があるとのこと。さほどコストをかけずに、性能も外見も変化する魔法のピンを試してみては?

純正インナーディスクもカラフルに

▲プラスミューでは、純正のインナーディスクを好きなカラーにアルマイト着色することが可能。オリジナルディスクのオーダーまで受け付ける。

組み合わせは無限大!

▲アルミピンとインナーディスクの色は組み合わせ自由。コーディネートを楽しんでみては?

▲これが純正のピン。取り外すにはグラインダーなどが必要なので、お任せした方が無難だ。工賃は、ディスク単体の状態で2000円/1枚。車両に装着した状態で3000円と相場より格安。郵送でもOKだ。

●税込価格:648円(1本)
オプション色=972円
ロゴ入り=756円

【Webikeショッピング】
アルミ フローティングピン 商品ページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る