頑丈で軽いセミハード仕様!タナックス「ツアーシェルケース2」人気のケースがより使い勝手を向上

【PR】

ナイロンバッグより衝撃に強く、ハードケースより軽量でリーズナブル。それがセミハードタイプのツアーシェルケースだ。硬い樹脂と柔軟なナイロンを組み合わせることで、まさにイイトコどりのバッグとなっている。

【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾宏明 写真-真弓悟史】

ヘビーデューティな一品 車体とのフィット感も上々

側面のパネルには、耐久性に優れたポリカーボネート素材を採用。好評だった従来品に、防滴インナーポーチを追加し、後部にポールを挿せるフラッグホルダーを採用したリニューアル版が当製品だ。

▲サイズは300×420×220㎜、容量は片側20ℓと十分。最大収納重量は片側2.5kg。両側で2泊分の荷物を楽々と飲み込む。

【Webikeショッピング】
ツアーシェルケース2 商品ページ

まず外見が無骨でカッコいい。バッグ本体は、しっかりした造りなのに、持ってみると片側1.7kgと軽い。ハンドグリップを使えば片手で楽々と二つ同時に持てるほどだ。

▲MFK-250 カーボン柄

▲MFK-248 ブラック

▲MFK-249 ヘアラインシルバー

そして、装着が非常に簡単。付属のイージーベースをベルトでシートに巻き付け、バックルでバッグと合体。固定ベルトでバッグの前後を車体と結びつけるだけで完了だ。

装着が簡単!
▲シートを外して、「イージーベース」のベルトを巻き付けるだけで装着できる。面倒な取り付けは不要だ。バッグはバックルで簡単に着脱可能。

シートカウルと接触する内側の部分に、柔らかいネオプレン素材を使用するため、車体とのフィット感が高く、走行中にバッグが動きにくいのがポイント。また、開口部が横に大きくオープンするため、収納物の出し入れがしやすい。

▲サイドに全面オープン可能。パネルの両脇にはベルトを備え、開きすぎを抑える。メッシュ&ベルトは小物の整理に便利だ。

防滴インナーポーチも便利で、これにあらかじめ荷物を入れておけば運搬がラクだし、突然の雨に慌てることもない。多様な車種に対応し、使い勝手の高いツアーシェルケース2。末永く付き合えそうな一品だ。

雨でも安心!

▲防滴インナーポーチ×2を同梱。ケース本体の底面には、侵入した雨水を抜くドレンも備える。オプションでレインカバーも用意(税込2592円/1枚)。

●税込価格:34,020円
●3月23日発売予定

【Webikeショッピング】
ツアーシェルケース2 商品ページ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年4月29日、東京サマーランドでモンキーミーティングが開催された。そこでメディア向け…
  2. 2018年4月29日、東京サマーランドでモンキーミーティングが開催された。そこでメディア向け…
  3. Araiから、HONDAの名車CB1100Rの発売35周年を記念し、限定グラフィックモデルが…
  4. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、新型Speed Triple RSの発売を記念…
ページ上部へ戻る