ピレリのディアブロ・ロッソコルサIIが見せるタイヤの技術トレンド

【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】

ピレリから新しくディアブロ・ロッソコルサIIが登場しました。ロッソコルサの後継型で、サーキットと公道の両方に対応でき、1年前に登場したミシュランのパワーRSのライバルになる存在と考えていいでしょう。

極寒の悪条件ながら走らせてみると、新品での走り出しから、意外なほどグリップ感があって(当然、中間バンク角までということになりますが)、自信を持たせてくれます。ハンドリングも軽快かつニュートラルで、すんなり身体に馴染みます。

そして、何より感銘的なのは接地感の豊かさで、安心感に包まれます。その点で、これまでのピレリとは異質であるとさえ思えてきます。
そのことは、技術的な特徴に注目しても明らかというものです。

ロッソコルサIIの技術的特徴

ロッソコルサIIの大きな特徴は、ピレリのスーパーバイク用スリックからのフィードバックによって、リヤのカーカス材にレーヨンに代わってリヨセルを用いていることです。リヨセルは、ユーカリの木のパルプを溶かしたものから作られた植物由来の繊維で、柔軟ながらも、ハリやコシに富んでいるといいます。

そのため、吸収性に富みながらも、ショルダーやビートの曲部では抵抗力を発揮。カーカスの構造そのものは変わらなくても、必要な部分の剛性が高められ、剛性分布が最適化されていると考えられます。

そのおかげで、しなやかにケーシングが撓んで接地感を高める一方で、必要な部分にコシがあって、接地感をダイレクトに伝えてくれていると、私は感じました。
さらに言えば、ロッソコルサIIへの進歩に最も大きく貢献しているのが、このカーカス材であるといって差し支えないのかもしれません。

最新タイヤに見られる共通の進化

そう考えたとき、私の頭には、ミシュランがパワーRSやロード5に採用するカーカス構造ACT+のことが浮かびました。

これは、角度付きのラジアルカーカスをビードで折り返し、その折り返しがトレッドサイドにまで達しているという構造です。剛性バランスを連続的に変化させ、最適化させているのです。これにより、吸収性と踏ん張り感が両立するとともに、高い安定性を得ています。

タイヤは、プロファイル、ケーシング構造、コンパウンド、トレッドパターンといった要素によって性能が左右され、これらがバランス良く高次元化されることで、進歩してきました。

そこで、これらのタイヤメーカーの最新タイヤに注目したとき、ケーシングの構造や材質技術によって、剛性バランスの最適化を図ろうとする取り組みに共通点が見られること印象的だったというわけです。

和歌山利宏

和歌山利宏 モーターサイクルジャーナリスト

投稿者プロフィール

1975年にヤマハ発動機に入社。ロードスポーツの開発に携わる。
レーシングライダーとしても活躍し、鈴鹿8耐第4回大会では4位入賞。
85年からはヨコハマゴム契約となり、タイヤの開発テストを行うとともに、
ワイルドカード参戦した87年の日本GPでは、250ccクラスで11位に入る。
90年からはジャーナリストとしての活動を始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. サインハウスは、Lambretta(ランブレッタ)のライセンスグッズを発売した。 今回…
  2. ナイトロンジャパンは、英国生まれのスタイリッシュカフェレーサー“TRIUMPH THRUXT…
  3. 鈴鹿サーキットは、「”コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース」の、2019年および202…
  4. 【ホンダ モンキー125】ディテール&試乗インプレッション 誕生から50周年を迎えた2…
ページ上部へ戻る