今週のインプレ ピックアップは「Arai最新モデル XDフルフェイス」、「ホンダ純正グリップヒーター」のインプレ2選

Webikeコミュニティ「今週のGOOD!インプレッション」から、ピックアップしてご紹介!

今週は、「Arai最新モデル XDフルフェイスヘルメット」、「ホンダ純正グリップヒーター」のインプレ2選をお届けします!

受賞者:[17191216さん]
インプレッション対象商品:[Arai アライ:XD [エックスディー フラットブラック] ヘルメット]

《最新のアライはやはり最良のアライだった》

<総評>
機能性を追求したアライデザインとかっこよさを両立したデザイン。軽く感じる(ピンロック・ミラープロシェード付きで1,600グラム強、ASTRAL-Xよりは少し重い)。
ショウエイのようなアバンギャルドさは無いが正常進化の線上で機能とカッコいいデザインを両立させようというアライならではのアプローチだと思う。
ホワイトと悩んだがフレーク多めでガンメタな輝きが美しかった為マットブラックをチョイスした。

<フィット感>
これまでのVAS-Vモデル同様、あいからわず最高だ。圧迫感は皆無、かつ頭全体がメットに包み込まれ保護されている感じが分かる。

<品質・質感>
申し分ない。そもそもアライはグレード間での差が少なく、XDの属する中級グレードであってもトップモデルのASTRAL-X, RX-7Xとそん色ない質感だと思う。品質も申し分ない。細かいことを言えば私の個体はシールドのロック解除に無用に力が要った。VAS-Vシールドベースの位置調整で解決した。

<性能・機能>
機能も驚いたことに進化している(失礼)。単なるルックスを追求しただけのモデルでは無かった。さすがアライだ。サイドエアーチャンネルは体感できるレベルで機能しており快適性が向上している。RX-7X, ASTRAL-Xなど従来モデルにも展開してほしい機能だ。

⇒インプレをもっと詳しく

受賞の理由

Araiの最新モデル フルフェイスヘルメット“XD”のインプレッションを、一早くご投稿いただいた17191216さん。
デザイン、機能性、装着感、快適性、すべてが進化していることに驚かれたようです。
使用時に気になる細かな部分まで、丁寧にインプレしていただきましたので、“XD”が気になっていた方や、ヘルメットの購入をご検討中の方は必見です!
 

受賞者:[ちり太郎さん]
インプレッション対象商品:[HONDA ホンダ:グリップヒーター]

《三種の神器》

寒さ対策としてハンドルカバーをしてはいたが、氷点下まで気温が下がってしまうと長時間の走行はさすがに指が悴んでしまうため、グリップヒーターを取り付けることを決意。しかし、スーパーカブのハンドルは左右の外径が同じなため、必然的に順正品を選択する。リトルカブ用とあったがC50、C70、C90にも対応。

【取り付け】
・専用品のため、取り付けはヘッドライト内のハーネスから分岐するだけで、説明書も丁寧にイラストが描かれてあるため自分でも作業可能。手間なのはハンドルカバーを外すこととハーネスの取り回しで、ライト内のゴチャゴチャしたハーネスは精神的に疲れる。
・右側グリップはボンドを塗らなくても動かない程ピッタリだったが、左側グリップはガバカバな位緩かったのでアルミテープを巻いて調整した。左側もボンド未使用。
・ヘッドライト内のハーネス量が増えるため、タコメーターの電源を別なところからとり、ハーネス量を減らすとともに電源を交換した。
・最後にグリップの消耗を抑えるため収縮カバーを被せて終了。

【走行】
・グリップ自体は汎用品なので、スーパーカブのグリップより14mm長く、太さも4.5mm増えサイズが一回り大きくなり、グリップの消耗を抑えるためのカバーも加わりさらに太くなった。握った時の違和感はあるものの、走行しているうちに慣れてくる。

⇒インプレをもっと詳しく

受賞の理由

長時間走行時の寒さ対策に、ホンダ純正のグリップヒーターを装着されたちり太郎さん。
取り付け時の工夫や走行時の使用感など、気になるポイントをインプレしていただきました。
様々なメーカーから販売されているグリップヒーター、どれを選べばよいのか迷った際は、実際に使用された方のインプレッションが参考になりますね!
 

【選ばれれば最大3,000ポイント!Webike GOODインプレッション】
「今週のGOOD!インプレッション」ページへ

ライダーの生の口コミが集まる
Webikeコミュニティ インプレッション

関連記事

ピックアップ記事

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る