ホンダ、「人生にDreamを」。上質なサービスを提供する新店舗を公開

ホンダは2月21日、4月から新しく展開していく販売ネットワーク「ホンダドリーム」の刷新した店舗を報道陣に公開した。
今後、同様のコンセプトの店舗を全国に展開、趣味性の高いモデルを志向するユーザーに、高度な技術力によるサービスと高品質なバイクライフの提供を目指す。

新しいコンセプトの店舗「ホンダドリーム」

今回公開されたのは、神奈川県川崎市にあるホンダドリーム川崎宮前店。黒を基調としたシックな外観にシルバーのホンダウイングマークが光り、まるでショールームのようにニューモデルが並ぶ。

2階はホンダドリームの認定中古車が並び、ウェアやヘルメット、パーツなど取り扱うコーナーに加え、来店したユーザーが寛げるスペースも備える。
3階には大がかりな整備を行える整備スペースと、車検場と同様の検査ラインを備えており、車検場にバイクを持ち込むことなく車検を通すことが可能だ。(全てのホンダドリーム店が指定工場の資格を所有しているわけではないとのこと)

ホンダは2018年4月から、250㏄以上の趣味性の高いモデルを中心に扱う「ホンダドリーム」とスクーターや小排気量モデルなど実用モデルを中心に扱う「ホンダコミューター」の2系統に販売網を再編する。現在ホンダドリームは145店舗、ホンダコミューターは5400店舗だが、2020年にはホンダドリームを200店舗にまで増やす。

ホンダドリームでは、高度な技術力による質の高いサービスを全国で均一に提供、ホンダコミューターでは予約なしでもすぐに対応してくれる安心感を、というようにバイクの特性にあったニーズに応えらえるネットワークを構築するのが狙いだ。

新車の保証期間の延長やロードサービスが3年間無料付帯されるオーナーズカードの発行など、購入者に手厚いサポートも準備。ユーザーが安心してバイクを購入し、楽しむことができる環境が全国規模で整備されることになる。

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  4. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
ページ上部へ戻る