箱根ターンパイクのネーミングライツをアネスト岩田が取得 新名称は「アネスト岩田 ターンパイク箱根」

箱根ターンパイクは、道路のネーミングライツを、アネスト岩田が取得したことを発表した。これにより、3月1日(木)より本道路は新名称「アネスト岩田 ターンパイク箱根」となる。

アネスト岩田は、神奈川県横浜市に本社を置く、塗装機器やエアコンプレッサなどを製造販売している産業機械メーカー。今年で創業92年を迎える。
アネスト岩田の製品が「クルマとバイク」に深いつながりを持っており、箱根ターンパイクとの親和性が非常に高いことから、今回のネーミングライツ取得に至った。

また、新名称のスタートに併せて、当社が管理する案内サインに、民間会社が管理する一般自動車道では全国初となる「自動車道ナンバリング」を導入することも発表された。

新名称「アネスト岩田 ターンパイク箱根」

【変更日】
2018年3月1日

【新名称】
道路名称:アネスト岩田 ターンパイク箱根(旧名称:箱根ターンパイク)
施設名称:アネスト岩田 スカイラウンジ(旧名称:大観山スカイラウンジ)

■ネーミングライツ取得者 アネスト岩田について
アネスト岩田株式会社は、神奈川県横浜市に本社を構える産業機械メーカーであり、今年で創業92年を迎えます。
1926年(大正15年)の創業以来、日本の塗装機器及び空気圧縮機(エアコンプレッサ)業界を常にリードし、「世界初」の製品を開発・販売し続けています。同時に、海外展開も積極的に行っており、世界20か国以上での事業展開を通じて、世界のモノづくりに貢献しています。

自動車道ナンバリングの導入について

訪日外国人旅行者をはじめ、すべての利用者にわかりやすい道案内の実現を進めるため、高速道路において、路線番号により案内する高速道路ナンバリングが導入されました。
こうした動きを踏まえ、国土交通省主導で、よりわかりやすい道案内を図るため、一般自動車道におけるナンバリングを実施することとなり、当社道路にも以下の通り、道路番号が付与されたところです。

■道路番号
D18a アネスト岩田 ターンパイク箱根 箱根小田原本線
D18b アネスト岩田 ターンパイク箱根 箱根伊豆連絡線

【案内サインの一例】

情報提供元 [ 箱根ターンパイク ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  2. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  3. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  4. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
ページ上部へ戻る