イタリア発のカスタムコンセプト GSX-S750 Zeroは初代GSX-R750をイメージ

2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹介。
イタリアのOfficine GP Design(オフィシャルGPデザイン)が手掛けたGSX-S750カスタムで、750ccの排気量をテーマとした初代GSX-R750イメージのデザインがポイントだ。機能面はイタリアンブランドてんこ盛りの装備で、各ブランドの存在感が光っている。

目玉おやじ的ヘッドライトが斬新

オフィシャルGPデザインとスズキの共同プロジェクトで完成したGSX-S750ゼロは、2重キャップの耐久タンクやテールカウル&ランプが初代GSX-R750のオマージュとして形作られた。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、2ストローク84cm3モトクロッサー「RM85L」のカラーリングを変更し、9月21…
  2. スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R125 ABS」のカラーリングを変…
  3. キャンプツーリングにオススメバイク特集第2弾!! ウェビックユーザーがオススメする【キャン…
  4. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
ページ上部へ戻る