イタリア発のカスタムコンセプト GSX-S750 Zeroは初代GSX-R750をイメージ

2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹介。
イタリアのOfficine GP Design(オフィシャルGPデザイン)が手掛けたGSX-S750カスタムで、750ccの排気量をテーマとした初代GSX-R750イメージのデザインがポイントだ。機能面はイタリアンブランドてんこ盛りの装備で、各ブランドの存在感が光っている。

目玉おやじ的ヘッドライトが斬新

オフィシャルGPデザインとスズキの共同プロジェクトで完成したGSX-S750ゼロは、2重キャップの耐久タンクやテールカウル&ランプが初代GSX-R750のオマージュとして形作られた。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲公開テスト ナイトセッションイメージ テストの様子を間近で観覧 鈴鹿サーキットは、7月26…
  2. 【ビッグツアラーバイク徹底比較!】ディテール&試乗インプレッション ツーリングの際に高速道…
  3. モーリスマグをドレミコレクションが復活! オートバイパーツの製造・販売を行うドレミコレ…
  4. ■大会名 FIM世界グランプリ MOTO2 第三戦 アメリカズGP ■開催日 予選…
ページ上部へ戻る