箱根ターンパイク、「2018伊豆・箱根ぐるっと満喫スタンプラリー」「伊豆スカイライン・箱根ターンパイク 周遊割引キャンペーン」を開催

伊豆・箱根・西湘地区の有料道路や施設をめぐるスタンプラリー

箱根ターンパイクは、伊豆・箱根・西湘地区の有料道路や施設をめぐるドライブスタンプラリーを開催する。

このスタンプラリーは、伊豆・箱根・西湘エリアの有料道路を管理運営している7道路会社が合同で開催するもので、対象の有料道路や施設の中からスタンプもしくはシールを5個集めると、ホテルの宿泊券や温泉の入浴券、観光施設の入場券、フェリー乗船券などが当たる抽選に応募できる。

実施期間は2018年5月7日まで。眺望豊かな有料道路のドライブを楽しみながら、パーキングエリアやレストハウス、対象の施設に立ち寄ることで気軽に参加可能だ。

以下プレスリリースより


スタンプラリー開催概要

実施期間

2018年2月16日(金)~5月7日(月)

対象有料道路

次の有料道路(五十音順)

芦ノ湖スカイライン
熱海ビーチライン
伊豆スカイライン
伊豆中央道・修善寺道路
小田原厚木道路
西湘バイパス
箱根スカイライン
箱根ターンパイク
真鶴ブルーライン
湯河原パークウェイ

イベントのルール

・対象の有料道路、施設の異なるスタンプもしくはシールを5個集めて応募します。
・ただし、5個のうち対象の有料道路のスタンプもしくはシールが1個しかない場合は、無効となります。
・また、同じスタンプもしくはシールが2個以上ある場合も無効となります。
(1つの有料道路・施設において、スタンプもしくはシールは1個のみ有効です。)
(1つの有料道路内に2カ所以上のスタンプ押印場所があっても、1つのスタンプのみ有効です。)
・スタンプかシールを5個集めたら、スタンプシートを切り離し、専用ポストに投函してください。また、郵送でも受付いたします。
・スタンプシートは、伊豆・箱根ぐるっと満喫スタンプラリーのホームページから印刷したものでも参加可能です。
・応募は何度でもできます。ただし、当選はお一人様一回限りとさせていただきます。
・一度のご旅行で5個集められなくても、実施期間中に5個集めれば応募できます。

スタンプシートの配布場所

1) スタンプラリーの対象となる各有料道路や施設のスタンプ設置場所と専用ポスト設置場所
2) 協賛の各ホテルや施設、観光協会など
※詳しくは伊豆・箱根ぐるっと満喫スタンプラリーのホームページをご覧ください。

≫その他詳細


往復の利用で、通行料金が最大30%オフ

また箱根ターンパイクは静岡県道路公社と合同で、3月11日(日)までの期間、周遊割引キャンペーンを実施する。

このキャンペーンでは、首都圏から伊豆へ出掛ける際に、伊豆スカイラインと箱根ターンパイクを往復で利用すると、通行料金が最大30%オフの割引価格になる。

箱根ターンパイクと伊豆スカイラインを使うと、小田原から伊豆高原までの約70kmを信号なしでアクセス可能。また、一般道と比べて通行量が比較的少なく、渋滞が発生しにくいことも魅力。河津桜まつりをはじめ、一足早い春をお得に満喫できるキャンペーンだ。

以下プレスリリースより


キャンペーン詳細

利用方法

(1)まず、箱根ターンパイクの小田原料金所で、周遊往復割引券をお買い求めください。
(2)箱根ターンパイクと伊豆スカイラインの料金所をご通過の際、係員へ周遊往復割引券をお渡しください。

対象区間

箱根ターンパイク、伊豆スカイライン。
※箱根ターンパイクの箱根小田原本線と箱根伊豆連絡線、及び伊豆スカイラインの通行券それぞれ2枚ずつ(計6枚)がセットになっております。

対象車種

二輪車(排気量125cc超)、普通車、軽自動車。

料金

対象区間の往復料金が、最大30%オフになります。

◇ 二輪車(125cc超): 通常2,400円 → 1,700円
◇ 普通車・軽自動車: 通常3,700円 → 2,600円

※ 他の割引との併用はできません。
※ お支払いは現金のみとなります。

その他

◇ 周遊往復割引チケットの販売場所は、箱根ターンパイクの小田原料金所のみとなります。
◇ 伊豆スカイラインでは途中の出入口で退出することは可能ですが、退出した時点で前途無効となります。
◇ 期間中、「周遊往復割引券」の領収書を十国峠レストハウスの売店でご提示いただくと、
オリジナルミネラルウォーター「十国峠のおいしい水」をプレゼントいたします(店舗営業時間中に限ります)。

≫その他詳細

情報提供元 [ 箱根ターンパイク ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. サインハウスは、Lambretta(ランブレッタ)のライセンスグッズを発売した。 今回…
  2. ナイトロンジャパンは、英国生まれのスタイリッシュカフェレーサー“TRIUMPH THRUXT…
  3. 鈴鹿サーキットは、「”コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース」の、2019年および202…
  4. 【ホンダ モンキー125】ディテール&試乗インプレッション 誕生から50周年を迎えた2…
ページ上部へ戻る