ヤマハが2018モータースポーツのメディアカンファレンスを開催 さらなる高みにチャレンジ

ASEANモータースポーツのリーダーへ

ヤマハ発動機は、2月15日、タイ・ブリラムのチャーン・インターナショナル・サーキットに報道関係者、レース関係者、タイ政府関係者を迎え、「2018 YAMAHA MOTORSPORTS MEDIA CONFERENCE」を開催。今シーズンのレース戦略、主要レースに参戦するチームの体制を発表した。

“ASEANにおけるモータースポーツをリードしていきたい”という決意の表れを示すとともに、世界各国の主要レースに参戦するチーム体制やMotoGP戦略、2018年型「YZR-M1」について紹介した。

以下プレスリリースより


発表会でまず、「ASEANにおけるモータースポーツ熱の高まりを証明するように、MotoGPカレンダーにタイが組み込まれましたが、当社がこの場所でメディアカンファレンスを行うのは、“ASEANにおけるモータースポーツをリードしていきたい”という決意の表れです」とMC事業本部第2事業の鈴木康高部長が挨拶。

さらに日髙祥博代表取締役社長が、「ブランド価値の向上、先進技術の獲得、モーターサイクルレースの健全なる普及を実現するとともに、事業活動と同様、レース活動でも“常に新しい価値、新しい感動を期待される会社”であり続けるために、次なる勝利、さらなる高みにチャレンジします」と、ビデオメッセージを送りました。

これに続き、世界各国の主要レースに参戦するチーム体制や、MotoGP戦略、2018年型「YZR-M1」について紹介。MotoGPに参戦するマーベリック・ビニャーレス選手、バレンティーノ・ロッシ選手をはじめ、スーパーバイク、全日本ロード、アジアロードのライダーらが登壇し、それぞれが現在の手応えや目標を述べ、2018シーズンのスタートを切りました。

【関連ニュース】
ヤマハ、2018年レース活動の主要チーム体制を発表 MotoGPはビニャーレスとロッシがYZR-M1で参戦

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る