「クロスカブ110/50」がいよいよデビュー お洒落心を持ったミニアドベンチャーだ!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

ホンダから新型「クロスカブ110」と50cc版の「クロスカブ50」が登場、いよいよ2月23日から発売されることになった。

【関連ニュース】
◆【新車】ホンダ、レジャーモデル「クロスカブ110」の外観を一新し、「クロスカブ50」を2/23に新発売

カブ110をアウトドア風に味付け

クロスカブ110は、昨年デビューした新型「スーパーカブ110」をベースに、アウトドア風味のワイルドなスタイリングと装備が与えられたレジャーバイクだ。

従来型からの大きな変更点としては、レッグシールドを取り去ることでより軽快感が出たこと。
また、ヘッドライトがLED化されるとともに、それを取り囲むようにセットされたヘッドライトガードを装備。
オフロードイメージを演出する可倒式ステップや水や泥はねを防ぐマッドガード、縦溝のスリット入りマフラーガードやマットブラック塗装のホイールリム、そしてセミブロックタイヤを前後に採用するなど、よりタフでヘビーデューティな雰囲気に仕上げられているのが特徴だ。

さらに、新たにタンデムステップを装備することで2人乗りも可能とするなどモビリティとしてのキャパも高められている。

新設計エンジンでよりタフに

エンジンは新型スーパーカブ110にも搭載されている電子燃料噴射PGM-FIによる空冷4ストOHC単気筒で、耐久性と静粛性、変速フィールを向上させた改良版を採用。

上体が起きた楽なライポジを実現するワイドハンドルや厚みを増やした大型シート、遊び心を刺激する迷彩柄のメーターパネルや目立つことで安全にも寄与する縦長テールランプなど、ファッションと実用性を兼ね備えた仕様となっている。
ちなみに燃費は2人乗りでリッター61km(クロスカブ50は1名で94km!)と実質的は従来モデルを上回るレベルだ。

見た目だけでなくアドベンチャーとしての実力も!?

ひと言で表現するならば、「クロスカブ110」はカブのアドベンチャー仕様かと。見た目だけでなく、カブ伝統のタフなエンジンと堅牢な車体を知る者にとってそれはリアルだ。

あるときは圧倒的な燃費の良さと積載性を生かし、キャンプ道具を満載しつつ延々と続く荒野をひた走る。またあるときは道なき道に分け入り、軽量スリムな車体やタフなエンジンと装備に助けられつつ、足をバタバタと着きながらも大型アドベンチャーモデルでは走破することが難しい悪路からも生還する。
そんなイメージが膨らむモデルである。

乗る人のライフスタイル感を表現している

もちろん、一般ユーザーにそんな冒険を強いるわけではない。都会の風景に溶け込むアウトドア感たっぷりのお洒落なレジャーバイクとして、その気分を楽しむのだ。
デザインは趣向であり、その道具を使う人のライフスタイル感を表現している。

その意味でクロスカブの発信力は強力だ。クロスカブに乗る人は周囲からも「ネアカでアクティブ、お洒落心を持った人なんだ!」と思われるかもしれない。
あまり無責任なことも言えないが、そういう雰囲気を持ったモデルである。

気軽に街乗りを楽しむならクロスカブ50

一方の「クロスカブ50」は110同様のスタイリングに小径14インチタイヤと足着き性に優れる形のシートを採用することで、より小回りの利くフレンドリーなモデルとなっている。

エンジンも同様に新型「スーパーカブ50」に搭載されている新設計の空冷4ストOHC単気筒で、その優秀性については今さら言うまでもないだろう。アウトドアテイストを強く打ち出した110に比べると、50は街乗りを気楽に楽しむファンバイクとしての位置付けだろう。

普段は手軽な足として街乗りを楽しみつつ、週末はちょっと足を伸ばして冒険ツーリングへ。そんなイメージがリアルに膨らむクロスカブである。

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲N-VAN +STYLE FUN(エクステリア:ガーデングリーン・メタリック) Hondaの…
  2. コンセプトKXの発表でも大きな話題となったロイヤルエンフィールドから、270度クランク採用の…
  3. SCプロジェクトから、ヤマハ「YZF-R6 (‘17~19)」用スリップオンマフラーが登場し…
  4. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
ページ上部へ戻る