トライアンフから新型スピードトリプル登場 電子制御化された最強3気筒ファイターだ!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

▲Speed Triple RS

ピークパワーは10馬力アップの150PSを実現

トライアンフが誇る最強のスポーツネイキッド、スピードトリプルに新型が登場した。 2018年型の「Speed Triple S」と最上位モデル「Speed Triple RS」である。

▲Speed Triple RS

【関連ニュース】
【新車】トライアンフ、史上最強のストリートファイター「Speed Triple S/RS」を発表

伝統の水冷3気筒DOHC1050ccエンジンは105個の新パーツを採用するなど大幅刷新され、最高出力は7%向上して150PSとなり先代モデルより10PSアップ。最大トルクは4%向上し7,150rpmで117Nmとなっている。

レッドゾーンが1,000rpm高く設定されより高回転化するとともに、スロットルレスポンスが向上し3気筒エンジンならではのスムーズでリニアなパワーを実現。排気の流れがスムーズになった新設計サイレンサーによりさらにエキゾーストサウンドにも磨きがかかった。

▲Speed Triple S

また、ギアボックスも改良され、段階式スリップアシストクラッチを採用しさらなる軽量化も実現するなど改良点は多岐にわたっている。

5種類のライディングモードを搭載

車体面では特徴的なアルミニウム製ツインスパーフレームと片持ち式スイングアームの他、Brembo製ラジアルモノブロックブレーキやPirelli Diablo Supercorsaタイヤなどハイスペックな装備を採用し、乗り心地も向上されている。

▲Speed Triple S

インターフェイスも進化した。新型ストリートトリプルにも採用された角度調整機構の付いた新設計フルカラーTFTディスプレイが採用され、夜間走行中も操作しやすいバックライト付きボタンと直感的な操作が可能な5方向ジョイスティックを装備。最大5種類のライディングモード(ROAD、SPORT、RAIN、RIDER、TRACK)とクルーズコントロールが標準装備された。

新設計の慣性計測ユニットを搭載

▲Speed Triple RS

今回投入された最上位モデルのSpeed Triple RSはさらに装備が充実。コンチネンタル社製の新設計の慣性計測ユニット(IMU)によるコーナリングABSとコーナリングトラクションコントロールを搭載し、ライディングモードにTRACKが追加される他、ラップタイマーやキーレスイグニッション、キーレスステアリングロックも採用。

足まわりにも、OHLINS製NIX30フルアジャスタブル倒立フォークとTTX36ツインチューブモノショックを装備するなど強化。新設計のエキゾーストとArrow製チタンサイレンサーが装備され軽量化も実現した。

▲Speed Triple RS

また、外装面でもカーボンファイバーを採用した軽量ボディとマット仕上げのアルミニウム製リアサブフレーム、専用デカールを装備するなど高級感あふれる仕様となっている。

▲Speed Triple RS

新型スピードトリプルは見た目を大きく変えずに、地道な改良を積み重ねて確実にスペック向上を図るという、トライアンフらしい進化の形で登場した。国内投入は今春以降ということなので期待して待ちたい!

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※記事内の画像はすべて、国内販売モデルと仕様が異なる場合があります。 カワサキEUは、「W…
  2. 2019年シーズンから始まるモトE選手権(モトGPと併催される電動バイクのレース)に車両を供…
  3. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
  4. 小柄な女性でも足つきの不安を解消! K-FACTORYから新型セロー250用のリンクプレー…
ページ上部へ戻る