ホンダ、第14回デリーオートエキスポ 2018でニューモデル「X-Blade」と新型「Activa」を世界初公開

スポーツモデル「X-Blade」と、フルモデルチェンジした新型「Activa」が世界初お目見え

Hondaのインドにおける二輪車生産販売会社であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッドは、第14回デリーオートエキスポ 2018にて、ニューモデルの「X-Blade(エックスブレイド)」と新型「Activa(アクティバ)」を世界で初めて公開したと発表した。

以下リリースより


Hondaのインドにおける二輪車生産販売会社であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッド(以下、HMSI)は、第14回デリーオートエキスポ 2018(開催地:ニューデリー近郊・ウッタルプラディッシュ州グレーターノイダ、プレスデー:2月7日、一般公開日:2月9日~14日)にて、ニューモデルの「X-Blade(エックスブレイド)」と新型「Activa(アクティバ)」を世界で初めて公開しました。

ニューモデルのX-Bladeは、パワフルでスポーティーなスタイリングを実現した若者向けのスポーツモデルです。LEDのヘッドライトとテールランプの採用などで高級感を演出。エンジンはトルクフルで扱いやすく、燃費性能にも優れた4ストローク160ccエンジンを搭載。
ロングホイールベースの車体と幅の広いリアタイヤの採用などで、市街地から郊外まで爽快なライディングが楽しめる仕様としています。

▲ニューモデルX-Blade

また、インドにおいて幅広い層に支持をいただいているHondaの代表的なスクーター、Activaをフルモデルチェンジ。5代目となる新型Activaは、各部の熟成を図り、さらに扱いやすさを高めました。
インド市場における110ccクラスのスクーターとしては初採用のLEDヘッドライトや、給油に便利なシートオープナー、時計付きのデジタルメーターなど充実した装備としています。また、歴代のActivaでも装着し信頼感のある堅牢なスチール製フロントカバーのデザインを一新しました。

▲新型Activa

※Honda調べ

2月7日に行われたプレスカンファレンスには、Honda代表取締役社長 八郷隆弘とHMSI社長 加藤稔が登壇しスピーチを行いました。

Honda 代表取締役社長 八郷隆弘のスピーチ骨子

インドの二輪車市場はHondaにとって最大のマーケットとなっており、世界販売台数における三分の一を占めるまでの素晴らしい成長を遂げました。
Hondaは今後もお客様の期待にお応えする高品質な商品を、適正な価格でインド市場へ継続的に提供していきます。また、最新の技術を採用した大型Funモデルについても、より多くのお客様のご要望にお応えするために、世界での販売開始タイミングに合わせて、より早くインド市場にも投入していきます。

HMSI 社長 加藤稔のスピーチ骨子

HMSIの2017年度の販売は、600万台を目標として、素晴らしい成長を続けています。2017年度にインド市場へ新たに投入したスクーターモデルの『CLIQ(クリック)』・『GRAZIA(グラッツィア)』と大型Funモデルの『Africa Twin(アフリカツイン)』についてもご好評をいただいています。
本日発表したX-Bladeも、インドの皆さまへ新しい走りを提案できると確信しています。2018年度もインドのお客様へ新たな喜びを提供する商品をお届けできるよう、挑戦を続けていきます。

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲LEXi-S(インドネシア仕様) ヤマハ発動機は、インドネシアのスクーター市場で拡大するプ…
  2. ▲花火の祭典 グランドスタンドの様子 新たな観覧エリアも増え、プレミアムな花火へ進化 ツイン…
  3. ■大会名 FIM世界グランプリ MOTO2 第二戦 アルゼンチンGP ■開催日 予…
  4. ■大会名 FIM World Grand Prix Moto2 2018 ■開催地 …
ページ上部へ戻る