【新車】ヤマハ、「NMAX155 ABS」のカラーリングを変更し3/20に発売 高級感をさらに強調

高級感を強調したカラーリングが追加

ヤマハ発動機は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させる155cm3“BLUE CORE”エンジン搭載のスクーター「NMAX155 ABS」のカラーリングを変更し、3月20日より発売する。

「NMAX155 ABS」は、所有感を感じるスタイリングや手軽な車体サイズ、リラックスしたライディングポジションを兼ね備える原付二種スクーター「NMAX ABS」の良さはそのままに、高速道路も走行可能な155cm3エンジンを搭載したモデル。

2018年モデルはニューカラー2色を含む3色設定で、高級感を更に強調したカラーリングとなった。「マットブラック2(マットブラック)」は、マットブラックをベースにゴールドホイールとゴールドエンブレムを採用。“MAXシリーズ”上位モデルを感じさせる“質感”と“凄み”が表現されている。

▲ニューカラー/マットブラック

また「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)」は、光沢感のあるブルーにより“高級感”と“遊び心”を演出。なお既存の「ホワイトメタリック6」は継続販売される。

▲ニューカラー/ブルー

メーカー希望小売価格は378,000円で、製造はヤマハ発動機のグループ会社であるPT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行う。

※ヤマハ発動機は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)” を掲げている。

この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「NMAX155 ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発されている。商標登録第5676267号。

NMAX155 ABS(ニューカラー/マットブラック)

NMAX155 ABS(ニューカラー/ブルー)

メーカー希望小売価格

378,000円(本体価格 350,000円/消費税28,000円)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

販売計画

3,000台(年間、国内)

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ナイトロンジャパンは、オリジナルデザインを最新の125ccで復活させた”HONDA Mo…
  2. 1978年のニューモデルとして登場し、2017年にいったん生産終了となった4ストローク・…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット Hondaは、現地時間11月6日(火)にイタリア・…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 総勢38名のライダーやドライバー、チーム監督が集合 …
ページ上部へ戻る