青木宣篤選手の解説でホンダの1年をたどる 2017年型RC213V最終仕様とシーズン振り返り

2017年末、ホンダRC213Vの2017年モデルの撮影が行われた。シーズンを戦い終えた最終戦バレンシア仕様の写真を紹介しつつ、昨年ヤングマシンで連載した青木宣篤完全監修「上毛GP新聞」のRC213Vに関する記事を掲載し、ホンダの2017年シーズンを振り返ってみたい。

YM ARCHIVE 2017/11
王冠は再びマルケスの手に

ホンダは今年、RC213Vに不等間隔爆発の新型エンジンを投入した。序盤こそ苦戦したものの、ライダーの慣れやソフトウエアの作り込みがどんどん進行。シーズン途中から上向きになり、ホンダ持ち前の安定性を発揮していった。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  4. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
ページ上部へ戻る