青木宣篤選手の解説でホンダの1年をたどる 2017年型RC213V最終仕様とシーズン振り返り

2017年末、ホンダRC213Vの2017年モデルの撮影が行われた。シーズンを戦い終えた最終戦バレンシア仕様の写真を紹介しつつ、昨年ヤングマシンで連載した青木宣篤完全監修「上毛GP新聞」のRC213Vに関する記事を掲載し、ホンダの2017年シーズンを振り返ってみたい。

YM ARCHIVE 2017/11
王冠は再びマルケスの手に

ホンダは今年、RC213Vに不等間隔爆発の新型エンジンを投入した。序盤こそ苦戦したものの、ライダーの慣れやソフトウエアの作り込みがどんどん進行。シーズン途中から上向きになり、ホンダ持ち前の安定性を発揮していった。

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る