1月24日発売・最新号解説 ヤングマシン’18年3月号の見所!

今月もヤングマシンはスクープ全開でお届け。目玉は次期CBR1000RRで2016年3月号からの続編としてその2段進化の最新動向を探った。

さらに注目されるホンダ市販V4はどうなる?!
試乗特集は、話題のZ900RSライバル総決戦。今や一大勢力となったスポーツ系ネオクラシックモデルを集めて「ネオクラ王」決定戦を実施した。対決軸はスポーツ性と、ネオクラとしての付加価値である作り込みの高さ。丸山浩さんの採点によってトップとなったのはどのマシンか?
さらに青木宣篤選手の解説によるモトGP大特集など、盛りだくさんの内容はここをチェック!

【Scoop!】 “センダブ”が’19でフルチェンか?!

’17で全面熟成を遂げ、評判のCBR1000RRがナント「’19モデルで電撃フルチェンジを果たす可能性が出てきた」との情報をキャッチ。これに新型のV4スーパースポーツまで加えた「ホンダ次期SS計画」の全貌を大予想する!

→続きを読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ヤマハ TZR250R(※イメージ画像) 2スト車を中心に計5台の絶版車をラインナップ 東…
  2. エビスサーキットとナップスは、ライダーを対象とした福島復興支援イベント「福島モトフェス」を9…
  3. スズキは、2ストローク84cm3モトクロッサー「RM85L」のカラーリングを変更し、9月21…
  4. スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R125 ABS」のカラーリングを変…
ページ上部へ戻る