NEXCO、東名高速道路「守山スマートIC」が3/24に開通

NEXCO中日本は、東名高速道路守山パーキングエリアに設置を進めてきた、名古屋市内初のスマートインターチェンジ(IC)となる「守山スマートIC」を、3月24日(土)15時に開通すると発表した。

守山スマートICは、名古屋IC~春日井IC間にある守山パーキングエリアに設置される。

これにより、名古屋北東部地域の活性化や名古屋IC周辺の渋滞緩和などが期待される。

守山スマートICの概要

設置場所

愛知県名古屋市守山区
東名高速道路 守山パーキングエリア(名古屋IC~春日井IC間)
※ 名古屋IC~春日井IC間:12.1km

守山スマートICの開通後
名古屋IC~守山スマートIC間:8.1km
守山スマートIC~春日井IC間:4.0km

事業主体 名古屋市、中日本高速道路株式会社
利用時間 24時間利用可能
出入方向 全方向利用可能(東京方面、京都方面の出入り)
対応車種 ETC車載器を搭載した全車両
アクセス道路 市道 志段味環状線

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO中日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る