【新車】トライアンフ、史上最強のストリートファイター「Speed Triple S/RS」を発表

トライアンフは、2018年式Speed Tripleとなる「Speed Triple S」と、最上位モデル「Speed Triple RS」を発表した。

パワーとハンドリングと機能性のバランスが理想的であるSpeed Tripleは、まさに新世代Triumphの顔。
そのSpeed Tripleが最新鋭の装備をまとい、最高にパワフルなマシンに生まれ変わった。今回新登場したのはSモデルとRSモデル。RSモデルは最上位モデルに相応しく、史上最強スペックを誇る。

低めのノーズとアグレッシブで際立つ存在感を踏襲しつつ、プレミアムでコンテンポラリーなルックスが強調され、Speed Tripleらしさを余すところなく受け継いでいる。

ボディカラーは2種類で、Speed Triple Sはジェットブラックとクリスタルホワイト、Speed Triple RSはクリスタルホワイトとマットジェットブラック。

Speed Triple S

【ジェットブラック】

【クリスタルホワイト】

Speed Triple RS

【クリスタルホワイト】

【マットジェットブラック】

共通の特徴

■Speed Triple史上最高のパワーとレスポンス、秀逸なサウンド
・大幅刷新された3気筒1050ccエンジン、105個の新パーツを採用
・出力は150PS、トルクは117Nmに向上
・力強い回転と良好な吹け上がりでTriumphの3気筒らしい特性を強化
・排気の流れがスムーズになった新設計サイレンサーで磨きがかかったエキゾーストサウンド
・Arrow製スポーツサイレンサーをSpeed Triple RSに標準装備

■Speed Triple史上最高にスマートな最先端技術を搭載
・5インチフルカラーTFTディスプレイ搭載、ライディングモードは最大5種類
・操作しやすいスイッチハウジングはLED付き
・新設計の慣性計測ユニットを採用し、新設計のコーナリングABSとコーナリングトラクションコントロールをSpeed Triple RSに搭載
・クルーズコントロールなど、ハイスペックな充実の装備。Speed Triple RSにはキーレスイグニッションも搭載。

■Speed Triple史上最軽量で最高のハンドリング
・シャープでスキがなく俊敏なハンドリングが向上
・アルミニウム製ツインスパーフレームと片持ち式スイングアームが特徴的
・サスペンション、Brembo製ブレーキ、Pirelli Diablo Supercorsaタイヤなどハイスペックな装備
・ライダーの乗り心地を向上

■Speed Tripleらしさ溢れる佇まいとこだわりの仕上がり
・高光沢のホイールと新デザインのサイレンサーなど、クオリティの高い仕上がりとディテール
・コンテンポラリーな新カラーと新デカール
・カーボンファイバーを採用した軽量ボディとマット仕上げのアルミニウム製リアサブフレームがSpeed Triple RSの特徴

情報提供元 [ Triumph Motorcycles ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ヤマハ TZR250R(※イメージ画像) 2スト車を中心に計5台の絶版車をラインナップ 東…
  2. エビスサーキットとナップスは、ライダーを対象とした福島復興支援イベント「福島モトフェス」を9…
  3. スズキは、2ストローク84cm3モトクロッサー「RM85L」のカラーリングを変更し、9月21…
  4. スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク「GSX-R125 ABS」のカラーリングを変…
ページ上部へ戻る