【新製品】ダンロップ、モーターサイクル用プレミアムスポーツラジアルタイヤ「SPORTMAX Roadsport2」を3/1に発売

タイヤ摩耗末期まで安定したグリップ性能を発揮

住友ゴム工業が展開するタイヤブランド「DUNLOP(ダンロップ)」は、モーターサイクル用プレミアムスポーツラジアルタイヤDUNLOP「SPORTMAX Roadsport2」を3月1日(木)から順次発売する。

従来品である「SPORTMAX Roadsport」の持つニュートラルなハンドリングをベースとして、2種類のコンパウンドを上下に重ねる2層トレッド構造(「パフォーマンス・コンパウンド・レイヤーズ」)をリアに採用することで、ライフ性能とグリップ性能を強化。

高いグリップ性能と耐摩耗性能をもつ表層コンパウンドと、発熱性を高めた深層コンパウンドの2種類が効果的に機能することで、ライフ性能とグリップ性能を高めるとともに、タイヤ摩耗末期まで安定したグリップ性能を発揮する。

また、独自の「キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー」を活用した新プロファイルとパターンにより、安定感のあるハンドリング性能が実現された。発売サイズはフロント2サイズ、リア5サイズで、価格はオープン価格。

以下ニュースリリースより


DUNLOP「SPORTMAX Roadsport2」

フロント

リア

代表的な採用技術

PERFORMANCE COMPOUND LAYERS
(パフォーマンス・コンパウンド・レイヤーズ)※リアに採用

表層コンパウンドにはシリカと結合性の高い「新ポリマー」を採用し、路面との密着性を向上することで接触グリップ・耐摩耗性能を高めています。深層コンパウンドにはレース用微粒子カーボンを採用し、発熱グリップを向上させています。

この2層のコンパウンドによってライフ性能、グリップ性能を向上させるとともに、摩耗によるグリップ性能の低下を抑制しました。

CAMBER THRUST TUNING TECHNOLOGY
(キャンバースラスト・チューニング・テクノロジー)

DUNLOP独自のプロファイルチューニングにより、どのようなシチュエーションでも意のままに操れるスムーズなハンドリング性能を実現しました。

ULTRA FLEXIBLE STEEL-JLB構造(ウルトラ・フレキシブル・スチール-JLB構造)
V.B.T.T(ベルト張力最適設計)※リアに採用

素材のスチールコードを緩く編むとともにベルトの張力をバンク角ごとに最適化することで、フレキシブルな特性を実現し、より高い接地感と耐摩耗性能を高次元で両立しました。

NEWスリムビードAPEX構造 新形状ビードプロファイル
レースレプリカラジアルタイヤ「SPORTMAX α-14」に採用されている最新ビード構造技術を「SPORTMAX Roadsport2」専用チューニングで搭載し、しなやかな特性でもタイヤがしっかり踏ん張る剛性感を実現しました。

発売サイズ

フロント

120/60ZR17 M/C (55W)
120/70ZR17 M/C (58W)

リア

160/60ZR17 M/C (69W)
180/55ZR17 M/C (73W)
190/50ZR17 M/C (73W)
190/55ZR17 M/C (75W)
200/55ZR17 M/C (78W)

→全文を読む

情報提供元 [ 住友ゴム ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る