”マシン・オブ・ザ・イヤー2017”部門賞発表 ホンダが5部門を制覇!

YZF-R1/Mがトップを受賞した総合部門に続き、「海外モデル部門」「国内モデル部門」「400cc部門」「250cc部門」「50~125cc部門」「アメリカン部門」「オフロード部門」「スクーター部門」「外国車部門」の各クラスの結果を順に発表していこう。

ホンダの勢いを象徴する5部門制覇

ここでの見所は、怒涛の勢いで変わり始めたホンダだ。お手頃価格重視というよりは、“ホンダならではのいいもの・夢のあるものを造る”という意識に変化し、商品力が飛躍。その心意気がユーザーにも響き、なんと5部門でのトップ受賞となった。

’18年モデルの新車ラインナップも充実しているだけに、ホンダの天下はまだまだ続くか?!

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る