5,000km走ってもウエット性能が落ちない?ミシュラン・ロード5の注目新技術に迫る

ミシュランから‘18年2月に発売される新ツーリングラジアル「ロード5」は、卓越したウエット性能でツーリングユーザーに絶大な人気を誇る「パイロッドロード4」の後継タイヤだ。

変わったのは「パイロット」が外れた名称だけではない。採用された注目新技術にフォーカスしてみよう。

摩耗するほど溝が広がる!

ロード5最大の注目点は「5,000km走行後のウエット性能が、新品のパイロットロード4(以下PR4)を上回る」という点。ミシュラン社内のウエット制動テストにおいて、5,636kmを走行したロード5は、新品のPR4よりも0.6%短い停止距離を記録したというのだ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る