ロッシのためのXJR1300トラッカー改“MYR” K・ロバーツのTZ750トラッカーにインスパイア

2017年11月7日、ミラノショーでVR46ブースに出展されたMYAは、XJR1300をベースとしたダートトラッカー改。バレンティーノ・ロッシのためにVR46が企画しロドルフォ・フラスコリがデザインしたこのマシンは、かの有名なTZ750トラッカーの現代版と言えるものだ。

ロッシとロバーツ、並列4気筒のトラッカー

1975年、AMAダートトラックでライバルのハーレーに対抗するためにヤマハが製作したTZ750ダートトラッカーは、それまで同レースで2連覇を達成していたケニー・ロバーツのためのマシン。

2スト4気筒750ccのロードレーサーをフラットトラックで走らせるという規格外のモンスターだった。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る